徒然なる雑記(99年4月〜99年6月)

徒然なる雑記(現行版)へ戻る

◆旧ネタのタイトル一覧 (タイトルをクリックすると、本文へページ内ジャンプします)

怒濤のトリプルヘッダー

会場の隅から隅までを人ごみをかき分けながら何時間も歩き回る即売会。
長い列に並ぶと、1時間以上は待たされる事もある即売会。
その場の会場にいるだけで蒸し暑さで汗が噴き出してくるような環境だから、本当に即売会というのは体力を消耗するイベントだ。

そのイベントの開催日が重なってしまって、昨日(6月27日)は3会場を駆け回ることになってしまった。
もっとも、3イベントのうち2つは同じ会場での併設開催だから、会場間の移動は楽だったけど。

最初、池袋で開催されたコミッククリエーション及びデジキャラフェスティバルに参加し、その後に有明で開催されたコミックシティに参加。
体力もさることながら財布の中身も消耗する(笑)

そんなに苦労してまでもイベントに参加したい私ってば、やっぱり根っからのオタクなんだろうね(^^;

このページのトップへ


懐かしいお店

昔(94年7月から96年3月)に、東京の大田区西馬込に住んでいたことがあった。
1年9か月という短い期間ではあったけど、私にとってはいろんな思い出がいっぱい詰まった場所だ。

先日の土曜日、クルマ関係の集まりが横浜であったので、その前にちょっと懐かしい場所を散策してみたくなった。
駅周辺には、身に覚えのないビルがいくつかあったものの、懐かしい思い出がよみがえるのには充分なたたずまいを保っていた。

横浜の集合時間まではまだ時間があったので、ふとなつかしい理髪店に入って散髪してもらった。
店の人も私を覚えてくれていたようで、いくつか懐かしい話や最近の出来事などについて話が弾んだ。
・・・のはいいんだけど、懐かしさからか、あるいは名古屋からわざわざ来てくれたという事でか、いつもより時間を掛けてものすごく丁寧に(いつもは雑だったというわけではないけど)やってくれた。

おかげで、横浜集合に充分余裕のあった筈なんだけど、遅刻してしまった(^^;
ごめんなさいね、待ち合わせのみなさん。

教訓:なつかしい場所を訪れる際には、その後の予定が全くない状態にしておくべきかな。

このページのトップへ


車掌さん

下のささやかな幸福感で東京に行った帰路、今度は300系のぞみに乗った。
東京での用事を済ませ、汗だくで列車に乗ったHIDE。
この日は車やバイクを運転する予定も無い以上、もちろんビールを買い込んでの乗車だ。

・・・で、買ったビールを置こうと目の前のトレーを引き出したんだけど、汚い。
前回座った人が、コーヒーか何かをトレーにこぼしたのだろう。
もちろん一番悪いのは、汚したらそのままにしておく乗客なんだけど、私としてはJR側に(具体的には車掌さんに)対処を依頼するしかない。

車掌さんは手持ちのナプキンで拭き取ろうとしたけど、半分固まっていて、乾いたナプキンではどうしようもない。
水拭きが必要と判断した車掌さんは、上司(と思われる人)を連れてきて水拭きで対処してくれ、その人と共に私に謝ってくれた。
しかも驚いたことに、その上司(と思われる人)は自分のハンカチを取り出し、何のためらいもなく汚れのふき取りに使ったのだ!

私の心づもりとしては、悪いのは乗客側であり、付随的にJRの清掃委託会社(私の乗った列車は東京駅での折り返し運転であり、大井車両基地に戻らず東京駅で清掃作業を行う)の見落としの責任もあると考えていたのだけれど、JR社員たる車掌さんがここまで丁寧に謝罪と対処をしてくれるとは思わなかった。

こういう車掌さんがいる限り、列車での旅は楽しいものであり続けるだろうし、充実したものになると思う。

このページのトップへ


ささやかな幸福感

日曜日、大阪に行くつもりが突然、東京に行くことになったんです。
実はまだ700系のぞみに乗ったことがなかったので、ちょうど良い機会かと思ったけど時間的に折り合わず断念。

結局、グランドひかり(2階建て車両を4両連結しているJR西日本所属の100系新幹線車両。2階部分に食堂車を一両連結。)に乗る事に。
朝御飯を食べずに家を出発したので、昼御飯もかねて列車内で食事をする事にした。移動中に食事をするのは時間節約の基本だね。

しかも、食堂車がついている列車となれば、これはもう時間節約とかの実利面だけじゃなくって、旅行情緒の点からも是非利用したいサービス。
車内販売の弁当に比べ、食堂車の利点は何と言っても「弁当」じゃなく「料理」が食べられるもんね。
暖かいおかずにご飯、そしてビールも缶ではなく瓶のビールやジョッキの生ビールが飲める!

ということで、頃合いを見計らって食堂車へGo!
ちなみに、車窓からの眺めの良い豊橋から新富士あたりを食堂車で過ごせる時間が程良い「頃合い」だと私は思います。

幸いなことに、ウェイトレスさんがとっても美人でなおかつ愛想も良かったのでラッキー(*^^*)(*^^*)(*^^*)
まずは料理とビールを注文しました。

昼間っからビールを飲みながら景色の良い車窓を眺めつつ食事をする事の、何と幸福な事!(*^^*)
しかも、他のお客さんに比べて150%、いや、200%(当社比(笑))の愛想の良さ&笑顔でウェイトレスさんが応対してくれたのは嬉しいですね。(そりゃ気のせいだってば)

私と同じようにビールを注文した他のお客さんには事務的に給仕しているように見えたのに、私には笑顔でもってビールをコップに注いでくれて、より一層料理がおいしく感じられたのはいうまでもありません。(^^)
会計時には他のお客さんとは違って、ちゃんと目線を合わせて満面の笑顔で「ありがとうございました」と言ってくれて、食堂車での食事だけじゃなくって、旅行全体が楽しいものになりました。

それにしても、あのウェイトレスさんは良かったなぁ。
・・・繰り返すようだけど、私だけ特別扱いってのは、気のせいだってのは判ってるんだけどね。
本当は、他のお客さんにも同じように接しているんだろうけど・・・。
でも、ウェイトレスさんの笑顔一つで、こんなに旅がすっごく充実したものに思えるんだから、私ってば単純なんだよね。

1999年6月13日運転の、ひかり100号東京行きに乗務したウェイトレスさんに敬意と感謝をこめて。

このページのトップへ


湯上がり美人

最初に断っておきますけど、「湯上がり美人」というタイトルには嘘が含まれています。なぜなら私は男だから(笑)

金曜の夜、仕事から帰って風呂に入った。
いつも風呂は夜ではなく朝に入ることが多いし、しかもシャワーで済ますことも多いのだけれど、久々に湯船に浸かってのんびりした。

そこへ偶然、昔ながらの豆腐屋の「パ〜プ〜」という笛の音が聞こえてきた。
う〜ん、いいねぇ。何か、「日本の夏」って感じの情緒があるよ。(^^)

こういう時は、なぜかテレビで野球中継を見ながら、ビールに枝豆ってのがやりたくなってしまう。
そして窓を開けたら電車の音(しかも私鉄に限る!)が聞こえてくるってのが「日本の夏」だねぇ(笑)

・・・なんちゃって。
私は野球には興味はないし、中継だって見ない。ビールを飲む時にはつまみは無しってのが基本だ。
だけど、なんか、野球中継にビールに枝豆と私鉄の音ってのが「日本の夏」ってイメージがあるんだなぁ。
あくまでもイメージなんだけどさ。

ま、それはおいといてぇ。
風呂があまりにも気持ちよかったものだから、翌土曜日には一日に3回も風呂に入っちゃった。
う〜ん、私ってば湯上がり美人・・・じゃなかった、水も滴るいい男って状態だな(笑)

そして日曜(本日)は朝に一回入って京都に出発し(下の「そうだ、京都、行こう。」の話ね)、帰ってからすぐにまた入浴。
特に京都帰りには汗だくだったから、気持ち良い事この上ない。
この記事を書き上げてアップロードしたら、寝る前にもう一回入ろうかな。

ということで、本日執筆&アップロードを予定していた居酒屋「言いたい放題」のトラウマ?シリーズはあとちょっとだけお待ち下さい。m(_ _)m

このページのトップへ


そうだ、京都、行こう。

このタイトルは、某鉄道会社のキャッチコピー。
ある1枚のCDが欲しくて、でもどこを探してもなくて、東京にあるお店には存在することは判っていたけど、行く機会や旅費が無くて・・・
だけどついに京都にあるお店にも売っていることが判明したから、一目散に京都に出かけた。
だけど、交通手段はキャッチコピーの某鉄道会社じゃなくって、近鉄だったんだけどね。
ついでに京都の新しい駅ビルも見たかったしね。

京都の駅ビル・・・いやぁスケールが大きいですねぇ。(^^)
せっかくだから11階のレストラン街で食事でもしようかと思ったけど、14時頃にもかかわらず、どの店も待ち行列状態。
しかたなく食事は断念し、駅ビル中央のだだっ広い階段をてくてく歩いて下りていく。

京都駅から目的地の河原町に着くまでの間、京都の町並みを観察。
しかし、一番印象に残ったことは残念ながら運転マナーの悪さ。
信号が黄色から赤になっても、平気で通り抜けようとする。
交差する信号が青になっているのに、青になって数秒間はビュンビュンと車が通り抜けていく。
1例や2例見かけただけなら「たまたまの偶然」かもしれないけど、交差点ごとにそういった光景を見かけたから、たぶんあれが京都のマナーの標準なのだろう。
しかも驚いたことに、パトカー(警察)がそれを見ても、何も取り締まらない。
・・・ということは、本当にそれが京都の標準的なマナーであり、警察の暗黙の了解の範囲内ということだろうか?

他の都市(少なくとも名古屋の一般的な例)では完全に止まっているタイミングなので、京都の町を運転する時には追突の危険が伴うことを覚悟しなければならないだろう。
名古屋人から見てもマナーが悪いって事は、相当マナーが悪いって事だな。
京都は国際観光都市なので、日本全体の印象を悪くさせないためにも、京都のドライバーにはもう少し頑張って欲しいと思う。

次に印象に残ったのは、京都にはかわいい娘が多いって事(^^)
もちろん、かわいい娘は「売約済み」状態で、ほとんど彼氏同伴だったけど(^^;
もっとも、ナンパしに京都まで行った訳じゃないから、かわいい娘がいようがいまいが彼氏同伴だろうが、そんなことはどうでも良い。

あ、そうそう。
新幹線の京都駅は、なぜかミスド(ミスタードナッツ)の紙袋を持った乗客を大量に見かけるけど、近鉄線の京都駅ではさほど見かけなかった。
この現象について説明の出来る方、いらっしゃいます?

このページのトップへ


買い物かご

先日、スーパーで買い物をした。
買い物客の中には男性もいたけれど、やはり主婦が客層の中心だった。

精算を済ませ、かごから袋へ詰め替えるのだけれど、その置き台(というのかな?)に放置してあるかごの何と多いことだろうか。
もちろん、自分のかごは自分で所定の位置に戻す客が圧倒的に多いことは確かなのだけれど、それにしても放置かごが目立つ。
自分さえ買い物を済ませば、他の客が迷惑を受けようが知ったことではないらしい。

一つの行動でその人の全体像を把握できるわけではないけれど、そういった光景を見ると「この程度の人間か」と思ってしまう。
仮にその客が主婦で子供がいたとして、その人は普段、家庭で子供にどのような躾をしているのだろうか?

子供は親の鏡という。
そんな無責任な親からは、どんな子供が育つのだろう?
茶髪に染めたりピアスをしたりして学校に行くようなとんでもない不良(笑)になっても知らないぞ。
もっとも、そんな親は子供が不良になっても叱ることさえしないんだろうな。

私は現在、結婚などするつもりはないけど、スーパーで買い物かごを放置するような人は結婚相手には欲しくないな(笑)

こういうように、他人の欠点はよく目立つ。
私だってもちろん完璧な人間じゃないから、当然の事ながら欠点はあるだろう。
欠点をゼロにするのは無理としても、そのマイナスを充分に補えるほどのプラスの面が果たして私にはあるのだろうか?
大人になったら自分の躾は自分でするもの。その努力を怠らないようにしなければと思う。

このページのトップへ


ブームの影響

先日、草餅(だったかな?)の団子を売っているのを見かけた。
今までは串に4つの団子だったのが、流行歌の影響(だと思う)で3つになっていた。
どうせなら串も3つ分の長さに合わせりゃいいのに、同じ長さの串を使っているものだから、下がスカスカで何だかみっともない。
売る側としては、3つにすれば売れると考えての事だろうけど、串の長さが元のままというのはどうにも中途半端だ。

例外はあるにせよ、私はこの例のようにブームに乗るという行為(一般的にはミーハーというのかな?)がものすごく嫌いだ。
それは、個性の放棄に思えてしまうから。
たまたま好きになったものがブームと一致してしまうことはあるし、逆に、ブームになってから気に入ってしまう事もあるけど、そんな時は不快感を禁じ得ない。

大上段に構えた言い方をすれば、人生とは自分(の個性)を表現する場であって、他人と同じ事をやっていたのでは評価に値しないと思う。
もし、何らかの形でブームに関わるとすれば、ブームに乗せられる側よりはブームを作る側になりたいものだ。

このページのトップへ


ポテチとパソコン

インターネットにしろゲームにしろ、とにかく私はパソコンの前に座っている時間が多い。
あ、仕事中の話じゃなくって、家にいるときの話ね。

DOSの頃と違い最近はマウスで操作できる事が多く、ポテチを片手にしながらって事もよくある。
だけど、何か文字を入力したりする時にはやはり両手を使うわけで、そうなるとポテチ側の油のついた手は困る。

そこで、私は箸を使ってポテチを食べることにした。
結果は上々 v(^^)v  機会があれば、皆さんにも是非お勧めしたいと思う。

ただ難点が一つだけあって、マウスも箸も右手だから、左手と右手の忙しさが非常にアンバランスになってしまうことだ。
もっとも、私は左手にはいつもビール(のコップ)を持っているから、結果的にはバランスが取れていて問題ないのだけれどね。(笑)

・・・ちょっとお行儀悪いかな(^^;

このページのトップへ


年寄りマーク

最近、クルマに年寄りマーク(正式名称は忘れた)を貼って走っている車を時々見かける。
先日、そのマークをつけて、50キロ制限の道を30キロくらいでゆ〜くり(しかも左右にヨロヨロと振られながら)走っているクルマを見かけた。

イライラは募るばかりだけど、無理に追い越したりするとこっちが違反になってしまう。
何を思ったか、突然そのクルマは交差点でパタッと停まってしまった。
どうしたのだろうと思ってみると、「ふぃ〜、疲れたぁ」という顔をして休んでいた

これからの高齢化社会、こんなクルマ(を運転するお年寄り)も受け入れて行かなくちゃいけないのか?

私は何もお年寄りを排除しようとか、出しゃばるな!などとというつもりはない。
クルマを自ら運転するようなアクティブなお年寄りは大いに結構だと思うし、私自身もそうなりたいと思う。
だけど、だからと言って、世間に迷惑をかけても許されるかどうかは全くの別問題だ。

例えば、そのヨロヨロ状態でしか走れないクルマの前に、子供が急に飛び出してきたらどうなるのだろう?
あるいは、交差点で出会い頭にクルマ同士でぶつかりそうになったとき、緊急対処はできるのだろうか?
確かに速度はあまり出ていないかもしれないが、停まるか回避する能力は健常者よりも衰えているはずだ。

飛び出しの子供の例もそうだけど、何よりも自分自身を守るためにも、自分が運転に適しているかどうかの判断能力だけは失って欲しくないものだと思う。

このページのトップへ


私の愛情の行方

最初に断っておくけど、あくまでもこれは私の個人的な意見であり、既婚者や子供のいる家庭をバカにしているつもりはありませんので、念のため。

たまたま立ち寄った飲食店で、ふと2人の子供を連れた夫婦を見かけた。
その時私は思った。「奥さんがいなければ、あるいは子供がいなければ、食事代だって自分の分だけで済むのに」と。
家族にかかる分のお金を自分の好きな趣味などに費やせるし、そもそも奥さんや子供なんかに割かれる時間がもったいないじゃないか。

また、ある時回転寿司の店で子供が「ねぇ、今日は何皿まで食べて良いの?」と聞いていた。
これはこれで、親にとっては多少恥ずかしかったことだろう(笑)
高い寿司屋ならともかく、回転寿司くらいは値段をそんなに気にせず気軽に食事をしたいものだ。

そりゃ私だってお金が世の中で一番大事というつもりはないし、それ以上に大切なものがある事は知っているけど、お金は無いよりは有った方が良いに決まっている。
それに、時間だって無限にあるわけじゃないんだから、1分でも1秒でも自分の人生をムダにしたくはない。

夫婦愛や家族愛は、お金や損得勘定で語るべきものでない事は充分承知しているけど、自分にとって何らメリットがないと思えば、結婚もしたくないし、ましてや子供なんて不要だと思う。

こんな私をあなたはどう思われますか?私って冷たい人間ですか?

でも、夫婦愛や家族愛を、奥さんや子供に充分注ぐことが出来ないくせに結婚するよりは、よっぽどマシだと思う。
相手の奥さんに対しても失礼だし、産まれてくる子供もかわいそうだから。

その意味では、奥さんがいて、あるいはさらに子供がいて、それで幸せに思う事が出きる人はそれでいいと思うし、少なくとも私よりは社会的な貢献度は高いと思う。
(私のような考えの人ばかりだったら、全ての結婚式場はとたんに倒産するだろうし、100年後には日本の人口はゼロになってしまうだろうからね)

このページのトップへ


連休中のマイ・ブーム

皆さんは連休中に何かハマった事ありますか?
それは連休中のみならず、連休後も継続していますか?

私の場合、連休中はMP3に明け暮れてしまいました。
MP3とは・・・簡単に言うと音声圧縮の技術の一つなのですが、もっと簡単に言うと、パソコンをジュークボックス代わりに出来るという事なんです。

MP3の細かい説明はしませんけど、要は自分の手持ちのCDのお気に入りの曲を、片っ端からパソコンのHDに取り込んだということです。
これで、面倒なCDの掛け替えなしに、取り込んだCDの曲全部がランダムにパソコンから聴けるようになりました。

しかも、パソコン上に出てくるプレーヤの絵(CG)が、自分のお気に入りのアニメ絵に出来るのだからまさに萌え萌えなんです〜(^^)
今や、100曲近くのアニメ&ゲームの曲が、常にランダムに私のコンピュータルームに鳴り響いてます。

もちろん、私のことだから普通の(?)曲はありません。すべてアニメ&ゲームの曲です。
・・連休中にますます妖しさ倍増のHIDE。

このページのトップへ


連休中のなるほど+α

皆さん連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
会社や職場によっては、今年の場合5月9日まで連休というところもあるようですね。(私は6日より仕事です)

さて、脈絡もなくいきなり唐突にですが、連休中に一番「なるほど」と思ったことは何でしょう?
連休中の思い出として印象深かった事や楽しかった事を尋ねているのではなく、あくまでも「なるほど」と思ったことですよ。

私の場合、「レンタカー屋さんで車を借りる際の自分の電話番号申請時に、携帯電話の番号では借りられない」という事でした。
ある用事で車を借りる事になり、駅にあるレンタカー屋さんに行って手続きをしていると、電話番号欄には携帯電話ではなく自宅の固定電話(多くの場合、NTTの加入電話を指す)を記入してくれと言われた。

どうしてか訊いてみると、車の中に忘れ物をしたまま車を返却する客が非常に多いのだそうだ。
そして忘れ物の中でも断然多いのが携帯電話らしい。(携帯電話単独での忘れ物だけでなく、それを入れた鞄なども含む)

携帯電話番号でも車の貸し出しを許可していた頃は、届け出の(携帯電話の)番号に電話すると、その忘れ物の荷物の中から呼び出し音がして、結局電話番号申請の意味をなさなかったのだという。
だから、携帯電話の番号は不許可にして固定電話のみで申請を受け付けるようになったのだそうだ。

う〜ん、思わず納得(^^;
・・・と、ここで無難にネタを終えるのもいいんですけど、そこはそれ、ひねくれた私のことですから、この話はまだ続きます。

携帯電話で申請が不許可のレンタカー屋さんで、どのくらい強くそのルールが適用されているのか確かめてみたくなったので、わざと理屈をつけて携帯電話の番号で通してみたくなりました。

悪知恵(?)の働く私としては、言い訳?(いやいや、屁理屈だな、こりゃ)が瞬時に思い浮かびます。
もっとも、ある程度は私の環境をそのまま正直に言っているだけではあるのですけれどね。

「自宅の固定電話にはパソコンしか繋がっていなくて、電話をかけても人間は出ません。ピーヒョロロロガーッと音がするだけですよ。携帯電話ならほら、鞄とかじゃなくって腰のホルダーに入れてますから、たとえ荷物を忘れても携帯電話を忘れることは有り得ません」と言ってみた。

結果は、「あっ、そう」とあっさり通ってしまった。
杓子定規的に「規則を守ることが目的」となってしまっていないという点に関して、健全なレンタカー屋さんだった。

人を試すようなことをして悪かったね。ごめんなさい。m(_ _)m
次に借りる事があれば、その時は素直に自宅の固定電話で申請します(^^;

このページのトップへ


高校生の喫煙

先日、コンビニで買い物をしていると、制服のままの女子高生がタバコを買っているのを見かけた。
レジの店員は、当然のような感じで商品を渡してお金を受け取っている。

私の高校時代には、タバコを買おうと思ったらまず制服のままってのは考えられなかったし、人目を気にして、買うのに苦労したのが一般的だった。
タバコを吸うときでも、トイレなどで隠れて吸うのが相場であって、通学途中に制服姿で喫煙することは絶対になかった。

未成年の時代から喫煙して、どんなに健康を損なおうともその人の勝手だけど、せめて制服のまま堂々と買ったり喫煙したりするのはやめてほしい。
本人はカッコつけてるつもりかもしれないけど、実際はものすごくカッコ悪いという事に、本人は気付いていないのだろう。

子供がいきがって背伸びしても、滑稽なだけなのに。
例えて言えば、子供が大人用のぶかぶかの大きな靴を履いているようなものだ。

あ、基本的に私は高校時代は喫煙はしなかったので、念のため。
あくまでもその当時の高校生の一般的な喫煙の話を引き合いに出したまでです。

このページのトップへ


まずいラーメン屋

名古屋の藤が丘に、とてもまずいラーメン屋がある。(今もあるのかどうかは知らないけど)
店の人も自分のとこの商品がまずい事を知っていて、開き直って「まずいよ、まずいラーメンはいかがですか?」と呼び込みをしていた。

最初聞いたときには耳を疑ったけど、試しに呼び込みの人に聞いてみると、本当にまずいと言う。
店内をみると、2、3人の客がいる。

新手の呼び込み方法か?本当にまずいって宣伝する店があるわけないし、試しに食べてみようということになった。
店に入ろうとすると、呼び込みの人が「いいんですか?本当にまずいですよ」と念を押す。

・・・で、食べてみたら本当にまずかった。
確かに宣伝通りだし、JAROに訴えるわけにもいかないし、う〜む(^^;

このラーメン屋の話は私の友人から聞いた話だけど、青汁以外にもまずいことを謳い文句にしている商品ってあるんだなぁ(笑)

このページのトップへ


たいたにっく

LDプレーヤが故障した。
いつもおなじみの店に修理に出したけど、「連休にひっかかると修理から戻ってくるのが遅くなります」との事だった。

連休中に家にずっといるつもりはないけど、やはりその間LDが見られないのは寂しい。
最近はDVDタイトルも充実してきたことだし、思い切ってDVD、LDコンパチプレーヤを買ってしまった。

標準価格23万円(パイオニア製)。普及機ではなく高級機だ。えっへん(^^)
頭金10万円を現金で、残りの10万円近くをクレジットカードの分割で購入。

私はクレジットカードが嫌いで本当は使いたくないのだけれど、この際やむを得ない。
(だって、給料日前だったんだもん)

買うときに値切るのも楽しみの一つではあるけども、必要以上に値切ろうとするよりはいろいろとオマケを付けてもらう方が私は好きだ。
具体的な金額は書かないけれど、ある程度値切ったところでお店の人が「タイタニックのLDをオマケに付けますよ」と言ってくれた。

まだ観たこと無かったし少し興味はあったけど、それよりもやはりアニメ関連のものが欲しい。
ふと店内を見渡すと、他社のプレーヤだけどそれを買ったらエヴァンゲリオンのDVDソフトがオマケに付くと書いてある。

ものは試しにと思って「タイタニックじゃなくって、あのエヴァのDVDはオマケに付きませんか?」と聞いてみたところOKとの事で交渉成立(^^)
・・・その後、家に帰ってみると、お店の人はエヴァのDVDと共にタイタニックまでオマケに付けてくれていた。

結局、エヴァと共にタイタニックも観てしまい、そして月曜の朝、寝不足の私がいた。
タイタニック、長ぇよ!

故障したLDプレーヤはどうしたかって?
もちろん、修理してサブプレーヤとして寝室に置いて使うつもり。

私は要らなくなったらポイという使い捨て的な発想は嫌いなのだ。
(だから、うちには古くて使いものにならないガラクタ類が多くて、いつも狭い思いをしている)

このページのトップへ


新聞の勧誘

何年か前、転勤で東京にて一人暮らしをすることになって引っ越した当日の話。
折しも真夏のすごく暑い日、引っ越しの荷物を荷ほどきして展開するのはとても大変だった。

買ってきたビールも栓抜きがないから飲むことも出来ず、ビール以外の飲み物も手元になく、喉がからからに渇きながらも黙々と作業を続けていた。
そんな時、さっそく新聞の勧誘が来た。引っ越し当日に来るとは、何と目ざといことか。

勧誘員は、決まり文句みたいに洗剤付けますとか、一ヶ月はタダですとか言って何とか契約にこぎ着けようとしている。
私にとってはそんなもんどうでもいいから、一刻も早く栓抜きを膨大な荷物の中から探し出して喉の渇きを潤したかった。

ふと、ものは試しと思って勧誘員に「ところで栓抜き持ってない?」と聞いてみた。
すると勧誘員は「ちょっとまってて下さい」と言って2、3分後に息を切らせながら汗だくになって栓抜きを手に持ってきた。

私としては、栓抜き(あるいはその代わりになるもの)を持ち合わせていないか聞いたつもりだったのだけれど、その勧誘員は自宅まで暑い中走って取りに行き、「この栓抜きは差し上げます」と言った。
決まり文句を言っている時と違い、その人の目には真剣さが伺えた。
もちろんその場で契約を交わして栓抜きを入手し、早速喉の乾きを潤したことは言うまでもない。

客という立場を良い事に何だかんだと要求すること自体、やられる方としても、やる方としても私は好きではない。
だから、栓抜きを貰った以上、洗剤とかはいいよって言ったんだけど、結局、サービスで洗剤も付けてくれた。

ある意味で、新聞勧誘員の見本だね。

このページのトップへ


誤爆

エアコンの本格稼働する時期を前に、うちでは業者に頼んでクリーニングをしてもらう事になった。
作業開始時に、「うわぁ、こんな汚いエアコン見たこと無い。掃除したことあるんですか?」と言われてしまった(笑)

ふん!2基あるうちの1基は10年以上使ってて1回くらいしか掃除したことねーよ!
残る1基は3年使ってて1回も掃除してねーよ!
でも、これだけ歯に衣を着せない言い方だと却ってイヤミが無くて心地よい。

作業途中、バケツに水を汲みたいとの事だったので、バスルームへと案内。
「カランとシャワーの切り替えレバーを間違えると、頭からシャワーを浴びることになりますので気を付けて下さい」と注意をしておく。

業者の人は慎重にレバーを回し、無事水汲み終了。
予想以上の汚れに業者も苦労しながら作業をしているようだ。

作業が進むに連れ頻繁に水汲みが発生し、そのうちの何度かは私自身も行った。
・・・のはいいけど、私自身レバー操作を誤って、服を着たまま頭からシャワーを浴びてしまった(笑)

びしょ濡れになってバケツに水を汲んできた私を見て唖然としている業者の人に、
気を付けないとこういうことになりますのでご注意下さい」と一言。
情けないというか、バカというか、まぁこんなもんです、HIDEって人間は(^^;

でも、誤って自分にシャワーを浴びせる方が、誤って民間の車両や施設にミサイルを浴びせるNATO軍よりはマシというものだ。
(この当時、コソボ紛争で米国を中心とする多国籍軍による「誤爆」で、民間人に多数の死傷者が出ていた。中でも、中国大使館を誤爆したことは国際情勢に少なからぬ影響を与えた)

結局、通常1回で終わるクリーニング作業を、2回もやってもらってようやく汚れが落ちた。
割増料金を取られなかっただけマシかな。

このページのトップへ


パトカー

先日、名古屋高速を走っていたら、後ろのパトカーが赤色回転灯を回しているのを発見した。
念のために速度を制限速度よりも落としてしばらく走っていたら、サイレンを鳴らし、何かスピーカーで話しかけてきた。

サイレンの音で何を言っているのか聞こえなかったけど、「左に寄せて停まりなさい」と言っているのだろうと思った。
あれ、何か違反をしたっけ?と思いつつしばらくして左に寄せたら、何とパトカーは勢いよく私の車を抜かし、さらに前を走っていた車を停めた。

さっき、車線変更禁止区間を車線変更した車だ。
一瞬、私が何か違反をしたかと思って制限速度より遅い速度で走ってしまったじゃねーか(笑)

結果として、パトカーは私の前を走っている車を追跡していたのに、私はその追跡をしばらく塞いでいたらしい。
だったら、もっと大きな声で話してくれよなー!

サイレンの音に消されて何をしゃべっているのか聞こえなかったぞ。
それとも、どいてくれと頼むのに遠慮して小声でしゃべっていたのかな?(んな訳ねーって)

このページのトップへ


転がるおばさん

地下鉄に乗っていた時のこと、ロングシート座席に座ろうとしたおばさんが、発車時の加速Gに負けてふらついた。
対面側のシートに座っていた私は手を差しのべようとしたけど、届かないし間に合わない。

あれよあれよという間に、おばさんは後ろの方に転がっていってしまった。
あ、おばさんの体型が丸くて転がったわけではないので、念のため。(そりゃ私よりは丸っこかったけど)

人の不幸を笑うわけではないけど、その光景はかなり滑稽だった。
しかしそれにしても、人間って転がるときには本当によく転がるもんだと妙なところで感心した。

これがおばさんじゃなくって女子高生だったら、あの短いスカートがめくれて・・・なんて考えちゃいけないかな(笑)

このページのトップへ


テ・ン・テ・キ

医者から、とりあえず出勤しちゃダメと言われて、自宅療養中。
んで、家でじっとしていると病院から電話がかかってきて、「血液検査の結果,、異常がありますので今すぐ来て下さい。あ、その時に点滴も行いますね」との事。

病院に行ってみると、「血液検査の結果がまだ出ておりませんので、点滴だけやりましょう」と一言。
何じゃそりゃー!!異常があるっちゅう結果が出たんじゃなくって、単に点滴したかっただけかい!!

しかし、点滴の最中ってのは暇だね。フルにやって2時間位じっとしてなきゃいけない。
簡単な読書くらいなら出来るけどさ。

今度点滴をやるときには、パソコン持ち込んでHPの閲覧や更新ができるように交渉してみようかな。
たぶん却下を喰らうだろうけど(^^;

ちなみに今回の原因は基本的に過労なんだけど、過労死は突然やってくるってのをまさに実感した。
体調がおかしくなった日の朝は、殆ど異常を感じていなかったんだもん。(喉がちょっと痛かっただけ)

それが、もう時間を追うごとに加速度的に体調が悪くなっていって、2〜3時間のうちに歩行が困難な状態にまで悪化したから。
私の場合はそこで悪化が止まったからよかったけど、そのまま悪化が進行すると、まさに過労死は突然死となるんだろうな。

ちなみに過労死の場合、会社は労災扱いにしてくれるのだろうか?

このページのトップへ


道に倒れて誰かの名を〜

昨日、いつものように出勤した時の事です。
出掛けに喉が少し痛いかな?と思いましたが、気にする程でもありませんでしたので、いつもの時間に職場へ到着しました。

最初の30分くらいは元気に仕事が出来ましたけど、だんだんと加速度的に体調がおかしくなっていく一方です。
職場の仲間に断って、ちょっと別室で休んだ・・・けど、全く回復しませんでした。

昼休みになっても食事が全く出来ないどころか、歩くのさえつらくなってきました。
足下がふらつき、何回かコケそうになってようやく、早く帰って医者に診てもらった方が良いなということに。

早退して自宅へ帰る途中、何度道ばたに倒れてそのまま休もうかと思ったことか。
中島みゆきの「わかれうた」の冒頭部分だね、こりゃ(笑) ←ちょっと違うぞ(^^;

一旦帰宅して病院に行くまでの間しばらく休んだら、気持ち悪くて吐きそうだったのがなんとか収まってきました。
熱は39度前後ありましたが、とりあえず吐き気が収まった事で病院に行く元気が少し出来たのです。

そして診察の結果、「過労です」との事(^^; 過労が発熱、胃腸風邪などを併発させたらしいのです。
過労で倒れたのは高校時代以来ですねー。

このページのトップへ


突然の異動・転勤

3月30日夜、突然他府県への異動を命じられました。(しかも4月1日より異動先へ出勤せよとの事)
通勤に2時間ちかくかかるので、引っ越す可能性もあります。

引っ越しを伴う可能性の高い異動を、30時間前に言うかぁ普通?
そんなわけで、ここ数日間はホームページの更新及びメールの送受信が出来ませんでした。

・・・とはいえ、会社に対して文句はありません。
というか、ついに返り咲きました、サポートの仕事に(^^)v

職場で得たネタなどは随時差し支えのない範囲で(あるいは多少デフォルメして)発表していこうと思うので、お楽しみに。

このページのトップへ