徒然なる雑記(98年10月〜98年12月)

面妖ステーション・HIDEの日記コーナー「徒然なるままに」と、サポートセンター裏路地っくの日記コーナー「雑記」を統合し、徒然なる雑記としました。


徒然なる雑記(現行版)へ戻る

◆旧ネタのタイトル一覧 (タイトルをクリックすると、本文へページ内ジャンプします)

今年の「初めて」

今年になって、「生まれて初めて」という経験(主なもの)をあげてみよう。

・自社での仕事。(就職先の会社に入社以来、派遣、委託、出向が13年間続いて、ようやく私は10月より自社に復帰)
・スクーター購入(今まではヨーロピアンの2輪ばっかり。初めてMAJESTY(250cc)を買いました)
・500系のぞみ乗車(名古屋→東京間。従って、300km/hは未経験)
・救急車に乗車(患者ではなく、付き添いとして)
・飲み会等での幹事役(いや、本当に初めての事だったんですよ)

他にもいろいろあるけど、みなさんの場合の「初めて」はいかがでしょうか?

このページのトップへ


2度ある事は・・・?

ここ何年か、あるいはもう15年以上前から手書きで年賀状を書いたことがない。
もちろん、今年も年賀状はパソコンを使う。

職場での異動もあり、今年はかなりの量を新たに入力しなければならない。
そして、入力が終わり、さぁ保存だ印刷だというその瞬間、ブレーカーが飛んだ。

うちの母親が電気釜のスイッチを入れたからだ。
サーバーのHDDはさすがにRAID5で管理しているだけあって、何のエラーもないのだけれど、セーブしていないデータに関してはせっかくのRAID5も全くの無意味だ。

少しやる気がそげてしまったが、何とか気を取り直してまた一から入力。
翌朝、ようやく完成しまた保存しようとしたその瞬間、またもやブレーカーが飛んだ。

今度は、うちの父親が掃除機のスイッチを入れたからだ。
さすがに今度は数回に分けてこまめにセーブしていたけど、それでも10件以上のデータが未セーブ状態だった。

もう殆ど再入力の気力もないけど、それでもいずれはやらなきゃいけない事だし、ともかく再々入力し、ようやく年賀状完成。

しかし、2度も年賀状作成を親に邪魔された私はとうとうここでブチ切れてしまい、名古屋・大須の電気街に行ってUPS(無停電電源装置)を怒りにまかせて買い込んだ。

個人宅で、NTサーバのRAID5をUPS付きで管理するなんて、そうざらには居ないだろう。
2度ある事は3度あると言うし、あってからでは遅いのだ。

そうか、人間、ブチ切れると消費が拡大するのか。
だったら、日本国民全員がブチ切れたらこの不景気は一気に消し飛ぶな。(笑)

このページのトップへ


錯乱坊

某友人宅に、数人が集まっていたときの話。
HIDEはたまたまその部屋に一人で居て眼鏡を外していた。

その友人宅の本人は細面で顔長の印象を受けるタイプだ。
そこへ、別の丸顔系の友人が入ってきた。

眼鏡を外している私は顔の輪郭しか見えず、具体的に誰が入ってきたかを特定できない。
友人宅の本人かと思ったが、それにしては顔が丸い。

つい「おや? ずいぶん顔が丸くなったなぁ」と、思わず口に出してしまった。
そこへさらに別の友人が「え、顔が悪くなったって?HIDEさん、ずいぶんひどいこと言うなぁ」

誰もそんなこと言うとらんがね。

このページのトップへ


センス

昨日、某大手建設会社(いわゆるゼネコン)にホームページ作成のセミナーを行った。
およそ一ヶ月半前に基礎編を行っており、今回は応用編というか、より個別対応的なセミナーだ。

技術的にはまだまだ未熟なところもあるけど、さすがに大手の建設会社だけあって(?)、デザイン的なセンスは良い。
実際に作成したホームページを見てみると、私のホームページよりも格段に見栄えが良いのだ(笑)

多少技術的におかしなところがあっても、そんなものは簡単に直せるわけで、でも、センス的なものはどうしようもない。
誰か、私にセンスを磨く教育をしてくれないかな。

このページのトップへ


免許更新

昨日、運転免許更新を知らせる葉書が届いた。
免許歴約15年だけど、今までそういうサービスは無かったのに。
今回は残念ながら青色免許だけど、次回は金色免許になるといいな。

このページのトップへ


秋葉原

東京の知人2名と合流し、秋葉原をしばし歩き回る。
パソコンショップもさる事ながら、ラジ館のボークスやリバティなど、アニメオタク系の店(^^;では、やはり足が止まってしまう。

とはいうものの、単独行動ではないので、後ろ髪を引かれる思いでその手の店を去っていく。
今度、自分一人でじっくりと見に来よう。

そんでもって、いよいよ私は名古屋へ帰るだけとなり、見送りついでの飲み会を東京駅で開いてくれた。
そこでもいろいろと話が盛り上がり、5時間くらいは東京駅(八重洲地下街)で飲んだくれていた事になる。

お二方とも、その節は本当にありがとうございました。

このページのトップへ


中華街再び

忘年会ダブルヘッダーの翌日、私は東京在住の知人と秋葉原へ行くことになっていた。
だいたい10時頃の待ち合わせかな?と思って電話をしたら、13時15分に秋葉原駅で待ち合わせとの事。

う〜ん、どうしよう。だいぶ時間が余るな。そうだ、京都へ行こう…じゃなかった、再度中華街へ行こう。
という事で、朝・昼兼用の食事をしにまたまた中華街へ。

池袋のホテルを出て、渋谷経由で東急東横線へ。桜木町駅でJRに乗り継いで石川町駅へ。
そして、昨日買い忘れた土産物を真っ先に買う。

時間は11時半頃。朝昼兼用の食事としてはちょうどよい時間だ。昼になると、店も混んでくるだろう。
店は、ど・こ・に・し・よ・う・か・な?

複数人を前提にしているコース料理は食べられないし、また、周囲の客も確かにみんな複数人で来ている。(中華街だから、当たり前か)
とりあえず、単品注文できそうな店を選んで入っていき、ラーメンを注文。

ちなみに、私は独りでも平気でこういう店に入って行けるし、時には居酒屋へ独りで行って、周囲のお客さんといろんな雑談をしたりもする。
絵に描いたような暗いオタクとは違い、私は明るく社交的(笑)なオタクなのだ

そして、いよいよ待ち合わせの秋葉原へ。

このページのトップへ


忘年会ダブルヘッダー

12月12日、中華街でクルマ関係の集まりの忘年会に出席。
酒も入る事だし、普段はクルマで集まるメンバーも、公共交通機関での集合となった。

私は、東京在住のころから(名古屋在住の今でも)中華街には時々顔を出す。
何といっても、おいしいものが食べられるのが良いし、私の知る限りにおいては、そんなにハズレの店がない。

クルマ談義や他の話題で一通り盛り上がった後は、吉祥寺で開催される某草の根BBSの忘年会へ出席。
時間的にずいぶん余裕を持って移動したはずなのだが、宿をとる手続きにかなり待たされてしまい、5分間の遅刻で到着。

さすがに忘年会のダブルヘッダーはちょっとしんどく、その日はホテルの部屋に入るなりそのまま翌朝まで熟睡してしまった。
ちなみに、中華街では本当に楽しかった為?に、親から頼まれた土産物を買うのをすっかり忘れてしまった。

このページのトップへ


500系のぞみ

先週は大阪へ、今週は12月の12日から13日に東京・横浜へと出かけ、何かと忙しい年の瀬を迎えている。
今回、私は初めて500系のぞみに乗った。(見た事は既に何回かある)

とはいいうものの、JR東海区間はJR西日本区間のように300Km/h運転はせず、300系のぞみと同じ最高速度だけどね。
私の乗ったのは1号車。上りなので、最後尾の車両だ。

最後尾車両(と先頭車両)は、車両の1/3くらいから天井が低くなっており、それがそのままあの長〜いノーズへと続いている。
そして、これまた最後尾車両(と先頭車両)の端から2列は、荷物置き用の棚がそれぞれ座席1つ分をつぶして設置してある。

大きな荷物のある時は、役に立つだろう。
車内の様子を見がてら、売店コーナーへと歩いていく。

1号車から7号車までなので、結構距離がある。
余談ながら、私は揺れる列車の通路を高速歩行するのが結構得意だ。(普通に歩く時でも高速に歩くけど)

すれ違った背の高い外人(おそらく米国人?)は、フラフラひょろひょろと、とても危なげな足取りで歩いていたけど、やはり短足・胴長の日本人の典型的な私は、その分安定性が良いのだろうか?

売店でビールを買い、また最後尾車両に高速歩行で戻る。
飲みながら車内のいろんなところを観察して気がついた点は、

・500系は、0系、100系、300系と比べてトンネルに入ったときの気圧の変化が少ないように感じられた。
・床面が単一の塗色。(通常は、通路部分のみ色が違う)
・300系ほど間接照明ではなく、直接蛍光燈の光が見える。

などなど。(他にもあるけど、列車に興味のない人には細かいこと書いてもつまんないでしょ?)
そうこうしているうちに、降車駅の新横浜駅へ。

私はそのまま車関係の忘年会へ出席するために、横浜の中華街へと向かった。

このページのトップへ


大阪人と名古屋人

12月5日土曜日、HIDEは友人G氏と共に大阪・日本橋へと出かけた。
HIDEが欲しい型番のパソコン(中古)を探す為だ。(名古屋の電気街・大須で探したけど、無かった)

そして日本橋につくと、まず通天閣の下あたりの店に入り、ビールを2本づつ飲んだ。
おいおい、パソコンを探しにきたんじゃなかったのか?(笑)

ちなみに、店に入る前にG氏いわく、「店ん中でな、大きな声で標準語をしゃべったらあかんで。中にはホンマにそれで喧嘩売ってくる奴おんねん」
「じゃぁ名古屋弁は?」「あ、それなら大丈夫や。大阪人は名古屋を味方やと思うてるから」

ちなみに、私は名古屋弁をしゃべれない名古屋人だ。(笑) しょうがない、小声で話すことにしよう。
彼の忠告のおかげ(?)で何のトラブルもなく店を出て、いよいよパソコン探し。

しかし、第一候補のパソコンはついに見つからず、第二候補のパソコンを購入。
ちょっと休憩がてら、電気街にあるマクドナルドへ立ち寄った。

そういや、マクドナルドではiMac(アイマック)というメニューがあるとかないとかいう話をどこかで聞いたような気がした。
ふとメニューを見ると、そんなものはなかった。

隠しメニューなのか? 私の見落としか? キャンペーン期間外だったのだろうか? それともその話の存在自体がデマだったのだろうか?
謎を残したまま、我々は名古屋への帰路に就いた。

このページのトップへ


脱力感

もうかれこれ10年位前の事だろうか、私が職場で仕事をしていると、どこからか「ピーッ」という音が聞こえてきた。
音源を探っていくと、それは某担当部長の補聴器がハウリングを起こしていた。

しかし、その担当部長は何と私に「あ〜○○君、どこかからピーッという音が聞こえないかね?」と聞いてきた。
一瞬、どう返答したものかと思案したけど、率直に「その音は担当部長の補聴器がハウリングを起こしている音です」と答えた。

担当部長は一言、「あぁ〜、そうかね」
この時、ものすごい脱力感が私を襲った事は言うまでもない。

※今回の内容は、耳の不自由な事をバカにしているつもりはありません。あくまでも私の脱力感が話の主旨ですので、どうか誤解の無きよう願います。

このページのトップへ


人に言えない×××

先日、ある女性と初めて直接話をする機会があった。
それまでは、メールでは何回かやりとりはあったのだけど。

その際、その人が同人誌活動をやっていて、今度のコミケにもサークル参加する事が判明した。
しかし、サークル名を聞くと口ごもってしまった・・・んだけど、口ごもるって事は「やおい系」なのね(笑)

ちなみに私のサークルは(今度のコミケには落選したので出ないけど)18禁ネタはないのだけれど、仮にそうだった場合、人(特に異性−私の場合は女性−に対して)にサークル名を告げるだろうか?

・・・考え中・・・考え中・・・う〜ん・・・たぶん、告げるでしょうね。
だって、その方が面白そうだもん。って、それが理由かいっ!

しかし何だね、そういう人ってのは、言動やその人が醸し出す雰囲気で何となく解るね。
「あっ、この人は同人やってるな」って。

だって、初対面でいきなり(じゃないけど)「マッドサイエンティスト」なんて、普通の女の人は言いませんってば。
その瞬間に「もしかして・・・?」と思いましたけどね。(^^;

このページのトップへ


踊るサポーター

先日、私の友人(主婦:N夫人)の自宅にあるパソコンの再インストールをしに行った。
CD−ROMも2桁倍速で速いことは速いんだけど、それでもしばらくは何もすることがない状態になる時がある。

あまりにする事がなかったので、片足で立ったまま徐々にしゃがんでいって、再び立ち上がる運動をしていた。
それを見たN夫人が一言、「それってコサックダンス?」

ひとしきり爆笑した後、試しに(本物のコサックダンスなんか私は知らん)片足を伸ばしたまま片足でしゃがんで、それを交互にホッハッと入れ替えてみたけど、あれって結構体力使うね。

かくして、私は踊るサポーターとなってしまった(笑)

このページのトップへ


身に覚えのないお礼

いつもの通り出社し、職場の廊下を歩いていると、ふと女の子からお礼を言われた。
はて、何の事やら?と思っていると、過日客先から電話でパソコンの問い合わせをした時に回答してくれたお礼だという。

社内で発生したパソコンの問い合わせの窓口は私じゃないんだけど、口コミか何かでなぜか私に問い合わせが回ってくる事が多い。
今の部署に異動してきてまだ日が浅く、こっちは相手の顔と名前が結びついていないから、ふとお礼を言われても全然ピンとこない。

それに、些末な問い合わせ内容なんかいちいち覚えちゃいないもん。
う〜ん、お礼はいいから今度デートしましょ(笑)

このページのトップへ


代わりに買って後日談(2つ下の代わりに買ってからお読み下さい)

アニメ系の本やフィギュアが買えないG氏。
しかし、私は先日彼の車の中にアニメフィギュアの本を発見した。

HIDE「それ、自分で買ったの?」
G氏「いや、買おうと思ったんだけど、買えなかった」

H「じゃどうして入手したの?」
G「レジを出てすぐ、見知らぬ人から『これ、買いませんか?』と言われて、その男から買った」

H「何じゃそりゃ?」
G「いや、買いたそうにしていながら恥ずかしくてレジに持っていけない自分の姿を、その人は洞察してくれて・・・」

H「その人が洞察したいきさつを話してくれたの?」
G「うん。ついでにその人に同人誌の原稿でも頼めば良かったかな?」

いやはや、よっぽど強烈に物欲しそうな雰囲気を周囲にまき散らしていたんでしょうね(笑)
それにしても、その見知らぬ男も大したものですが、(未遂ながら)いきなり同人誌の原稿依頼を思い浮かべるG氏もすごいな(^^;

このページのトップへ


検問

今日、バイクで走っていたら、検問に出くわした。
もちろん、何ら違反のない状態で運転していたから、特にどうということはなかったけどね。

でも、久しぶりに検問に出会ったなぁ。検問を受けたのは数年間記憶にないぞ(^^;
一度帰宅してもう一つのバイクに乗ってわざと検問を受け、さらにもう一度帰宅して今度はクルマで検問を受けたら、お巡りさんはどんな顔をするかな?

それをやってみようと思いついたのは、今こうしてビール片手に酔っぱらいながらホームページ更新をやっている最中だったから、今回はやろうと思っても出来ないけど。

次回自宅近くで検問があったら、今度こそやっちゃるぞ(笑)
ちなみに、ガソリンスタンドに対して同じ種類のイタズラをやった事ならありますけど。
居酒屋「言いたい放題」あれ?また来たの?参照)

このページのトップへ


代わりに買って

先日、友人宅に何人か集まって遊んだ帰り道、車を運転しているとふいに電話が鳴った。
信号待ちなので電話に出てみると、すぐ後ろを走っていた友人G氏からだった。

用件を聞いてみると、「すぐそこの本屋さんに峰不二子のフィギュアがあるから、私の代わりに買って来て〜」との事。
フィギュアを買うのは恥ずかしくて出来ないらしい。(笑)

ちなみに峰不二子とは、漫画やアニメにもなっている「ルパン三世」に出てくるヒロインだ。
私はたとえ背広姿でも、少女漫画やアニメグッズ等を何の抵抗もなく買えるが、成人男性向け雑誌は恥ずかしくて買えない。

ところがG氏は私と反対に成人男性向け雑誌が平気で買えるのに、こういった方面はどうもダメらしい。
世間ではG氏の方がどうやら「まとも」という事になっているらしいけど、果たして・・・・?

ちなみに、居酒屋「言いたい放題」少女漫画とXXX本にも類似記事アリ。

このページのトップへ


見えない小鳥

最近オカチメンコ・・・もとい、オカメインコを手に入れた私の友人DABAさん(主婦)。
「今度見せてあげるね」という話があって、遂にそれが実現した・・・のはいいんだけれどぉ(^^;

HIDEの友人宅で何人かと遊んでいたら、そこへ小鳥を連れたDABAさんが現れた。
DABAさんは小鳥を私の肩に乗せてくれ、いくばくかの時間を過ごして帰っていった。

そしてHIDEは気付いた。「私は殆ど小鳥を見ていないぞ(^^;」
そりゃ、ずっと肩に乗っていれば見ることは出来んわな(笑)

今度から小鳥を人に見せる時には肩に乗せないでね。>DABAさん。

このページのトップへ


休暇だけど

今日は一応有給休暇をとっていて、都合4連休♪
だ・け・ど、今日は職場でどうしても外せない会議があって、その時だけは背広姿で出社する。

本当は休んでも構わないのだけれど、いやいや会議の為に出社するんじゃなくって、自ら楽しみに出社するんだから、だいぶ気が楽だね。

このページのトップへ


笠地蔵

先日、道ばたにある地蔵に傘が差し掛けてあるのを見かけた。
後ろのガードレールにくくりつけてあった傘は普通の洋傘だった。

もしかして、笠地蔵のパロディのつもりか?
笠地蔵は「傘」ではなく「笠」であり、もう少し細かく言えば菅笠(すげがさ)のはずなのだが。

毎日排気ガスを浴びせられ、自らの意志でそれを拭うことも出来ない地蔵の身であれば、傘よりも、又、本物の笠よりも、全身をコーティングするワックスでも定期的に塗ってもらった方が嬉しいのかもしれない。

でも、だからと言って道ばたの地蔵にワックス掛けをしている光景は、それはそれでギャグにしかならないだろうな。(笑)
もっとも、傘や笠は酸性雨から守ってくれる効果は期待できそうだけれども。

このページのトップへ


まじめ?

先日、友人何人かで集まっていたら、その内の一人が「この中で一番まじめなのはHIDEだと思う」と発言。
普通は素直に誉め言葉として受け取れば良いのだけれど、妖しさ大爆発を自認するHIDEとしては納得行かない。

むろん、彼は悪気がある訳でもなく、皮肉を言っているのでもなく、真剣にそう主張するのだが、やはり私は同意しかねる。
それと同時に、人によっては私がまじめに見えるらしいという事も、念頭に入れておこう。まだまだ私は面妖さが不足しているようだ。

ちなみに、私は面妖でふざけた人間ではあるけれど、それが人に迷惑をかける事を意味するものではない。
念のため。

このページのトップへ