徒然なる雑記(03年01月〜03年06月)

徒然なる雑記(現行版)へ戻る

◆旧ネタのタイトル一覧 (タイトルをクリックすると、本文へページ内ジャンプします)

萌え

次回コミケでの作品に、是非とも萌えの要素を採り入れたい。
たぶん、(私はCG描けないので)小説・・・というよりも、看板娘3人に萌え〜なシチュエーションを課す読み物の企画になるでしょう。

試しにGoogleで「萌え」の単語で検索してみると、56万件以上のリザルト。
そうか。もっと絞り込まねば。

では、「萌え」且つ「サポートセンター」でどうだ。
何と言っても裏路地っくはサポート系のサイト(最近はそうでもないかも)だからね。
リザルトは約1060件。だいぶ減ったけど、オリジナリティを出すにはまだまだ。

裏路地っくの看板娘はメイドさんということで、「萌え」且つ「サポートセンター」且つ「メイド」で検索。
約158件との事。

とりあえず全件を確認。
どれも同一ページ内にそれらの単語が偶発的にあるだけで、趣旨としているページはなさそうだ。
「萌え」「メイド」「サポートセンター」の3つの単語のうち2つ(その多くは「萌え」と「メイド」)までなら趣旨的に満たしているページはあったけど。

しかし、158件中134件が日記・掲示板系のページで、リンク集系の15件、その他系9件を大きく引き離している。
何だかなぁ(笑)

ともかく、「萌え」で「メイド」で「サポートセンター」な趣旨は、たぶん私が世界で・・・はどうか知らないけれど、とりあえず日本では最初に違いない(笑)
というか、そんなアホな事考えるのは日本中で私一人だけってか?

もちろん(?)18禁なネタはやるつもりはないけど、少年誌くらいのサービスシーンならOKとしよう。
そんでもって、同人収録版はサイト発表版よりその要素をより多くして、15禁(R指定)くらいにしてもいいし。
※でも、CGや写真は原則ありません(笑)

表に示すとこう。

種別 18禁要素 15禁(R指定)要素
サイト発表版 なし 原則含まない(少年誌の表現レベルまで)
同人収録版 なし 一定の割合で含む
備考 同人収録版は、サイト発表版の全てを含む。

いや、わざわざ表にすることもないんだけどさ(笑)

このページのトップへ


盗作

いろんなCGサイトを何気に見て回っていたら・・・
何と、私の知り合いが制作した絵(CG)が盗作されているではありませんか。
もちろん、盗作された知り合いに報告・相談しましたよ。

アングラサイトなど、著作権無視のサイトに掲載されているなら、ある意味驚きはしません。
だけど今回、盗作したのはいわゆる「オモテ側」のスタンスのサイトですし、何より仕事としてCGを描いている人です。
知り合いが調査した結果、掲載されているCGの殆どは自分で描いたCGのようですが、他にも少数盗作CGが混じっているとの事。

当然、知り合いは怒っていましたが・・・

盗作サイトでの該当CG掲載場所が、「落書き」「ゴミCG」のコーナーに置かれていて、
「オレだってこれ(CG描き)でメシ喰ってんのに、その絵が落書きとかゴミだとーー!」

盗作された事よりそっちの方で怒ったみたい(笑)

「どうせならゲストCGのコーナーに載せんかいっ!」
いやいや、そうじゃないでしょっ(^^;

※知り合いの意志を尊重し、盗作サイトの名前も今のところは伏せておきます。

このページのトップへ


麺類

先日、父と近所のラーメン屋さんで食事をした。
食べたのは普通のしょうゆラーメン
ま、それはそれでいいとして。
後日、父がこう言った。

「こないだの讃岐うどん、あんまりおいしくなかったなぁ」

は? えっと・・・
「讃岐うどんじゃなくってラーメンでしょ」

ワシら年寄りにはラーメンとうどんの区別が付くわけ無いだろう

そうか? そういうものなのか?
激しく疑問に思うぞ(笑)
しかも、何でうどんの中でも讃岐うどんなの?
って言うか、讃岐うどんのつもりでラーメン食ったのか?
そんで不味いと思ったのか?

このページのトップへ


盂蘭盆

どうでもいいけど、盂蘭盆(うらぼん)と聞くと、裏本→何だかいかがわしい本(笑)などと連想するのは私だけでしょうか?

それはさておき、お盆の行事を7月に行う地域と8月に行う地域があるそうです。
私の住む名古屋あたりはどうなのか知りませんが、我が家では私の一存で7月に行うことにしました。

理由は・・・夏コミに参加するため(笑)

マジ? マジですっ!
何だかすんごい罰当たりな気もするし、いいのか、こんなことで(^^;

このページのトップへ


コミケ64

受かっていました。
日曜日 東地区 “ピ” 21aです。

結果を知ったのは母の葬儀の翌々日だというのに、「やった!」とつい満面の笑みを浮かべてしまったのは、いささか不謹慎でしょうか(^^;
詳細についてのご案内は、まだ少し先になりそうです。

このページのトップへ


携帯チェック

付き合っている彼氏・彼女の携帯電話の発着信履歴などを本人に隠れてコソッとチェックするのを「携帯チェック」と言うのだそうな。
で、バイト先で彼氏持ちの女の子が「こないだ彼氏が私の携帯チェックしてるのを発見しちゃったー(>_<)」って言ってたけど。

私だったら仮に彼女の携帯電話が目の前に放ってあっても、チェックする気すら起きないんだけどね。
正確に言うとチェックしようという発想がそもそも無いというか。

彼氏(彼女)の携帯電話に、異性との発着信履歴が残ってたって気にすることないじゃん。気にするって時点でもうダメ。
彼氏(彼女)の心を100%とは言わないけれど、自分自身すら安心できない状態でしか掴んでいないって事じゃない?それって。
不安だからチェックするんでしょ?
もしも不安なら、はっきりと本人の前で「履歴見せて」と言えばまだいいのに。

そうじゃなけりゃ、他人のプライバシーは踏みにじっても平気な人って事になるね。
そんな人とは、付き合うだけ時間の無駄だし。
だから、もしも付き合っている彼女がコソッと私の携帯電話をチェックしているのが発覚した時点で、即刻その場で捨てるね、その女。

私は、彼女にある程度親しい男友達もいた方が良いと思っているし、逆に、私だってある程度親しい女友達は必要だと思う。
なぜなら、その異性の友達を通じて視野を広げることが出来、結果としてお互いの付き合いがうまく行くと考えているからね。
だから、彼女の携帯電話に異性の発着信履歴があったところで気にしないし、気にしないからこそチェックしようという発想が根本的に無い。

っていうか、なぜそもそも携帯電話を携帯しないの?
携帯電話は携帯しているから意味があるのであって、他人に簡単にコソッと履歴など見られるようなところに置いといたんじゃ携帯してないっていうか、携帯電話の意味ないじゃん(笑)

このページのトップへ


TAXI3

私の好きな映画は、言うまでもなくアニメ関係が結構多いのですが・・・
実写系ではカーチェイスのシーンが多いものが好きですね。

例えば007シリーズでも「ボンドカー」の活躍は楽しみですし、古くはキャノンボールシリーズ、最近ではTAXIシリーズが好きです。
で、今日現在興業中なのがTAXIシリーズ最新作「TAXI3」。
こないだ映画館にまで見に行ってしまいました。※注

ま、「お約束」としてネタバレに類することは書きませんが、あの様子だと今回がシリーズ最終作かな?
ところで、どなたかお勧めのカーチェイスシーン満載の映画、ご紹介頂けませんか?

※注
私が映画館に行くというのは大変珍しく、最近ではPiaキャロットへようこそ!!劇場版、突入せよ!「あさま山荘」事件くらい。
それ以前は数年間映画館に行っていない。

このページのトップへ


携帯電話の場所

人それぞれの勝手ではありますけども。
一長一短ありますけども。

携帯電話は普通、ベルトに通すホルダーに入れて持ち歩く(?)ものだと思っていました。
現に、私の周囲ではそうしている人が多いです。(例外はありますけどね)

でも、最近の若年層はポケットや鞄に入れて持ち歩くのだそうですね。
それじゃマナーモードにしている時に着信したら気づきにくいだろうに。
実際、鞄に入れている友人への接続率は、あとから聞くと「気づかなかった」という理由で、かなり悪いです。
でも、例えば女性の場合は常にベルトのある服を着る訳でもないでしょうし、一概に良い悪いという判断は下せません。

とは言いつつ、ベルトのホルダーにある携帯電話を見て、「何、それ? 携帯電話みたい」というのは何とかなりませんかねぇ(笑)

ここから先は全くの余談ですが。

妙な表現ながら、私は常に危険に備えていないと気が済まないのですよ。
どういう危険かって? それは「あらゆる危険」です。

例えば突然大地震が発生した場合、周囲のビルから砕けたガラス片が降ってくる事だってあるじゃないですか。
あるいは普通に歩道をあるいていても、いきなり自動車が突っ込んでくる事だってありますよね。
そういう時、とっさに飛び退いたり走ったりする必要があるわけで、そのとっさの行動を妨げる要因(荷物・あるいは荷物の持ち方など)は極力排除したいのです。

鞄とかフタのないポケットに入った物は、そういう緊急時には紛失する可能性が高いと思う訳で、それが嫌なんですよ。
だから私は常日頃から鞄には財布とか免許証・カード類などは入れず、フタのあるポケットに入れていますし、携帯電話だってその延長なのです。

こういう私って変ですか?

このページのトップへ


実は嬉しい

冬コミから既に一月以上が過ぎましたので、ここらでボソッと一言。

隣のブースの絶対サポセン黙示録さんの作品を売り切れ・撤収後に購入しに来られ、「しょうがないなー、これで我慢するか」と落胆しつつ当サークルの作品をご購入されたお客様が結構多くいらっしゃいました。
もちろん声を出していた訳ではありませんが、中にはボソッとつぶやいた方も(笑)

原因は私自身の実力・努力不足なのでそんな言葉ではもちろん傷つきません。
って言うか、無反応では私も学ぶべき点が見あたらず困ってしまいますが、これも一つの反応として傾向が掴めた訳です。

それに、お買い求め頂いたこと自体は単純に言って嬉しいですよ、やっぱり。
まずはこれを機会に、是非ゲスト様サイトや当サイトのファンになって下さいね。

改めて、お買い求め頂いた全ての方に感謝申し上げます。

このページのトップへ


街頭アンケート2

街頭アンケートの続きです。
ちなみにこのアンケートは宗教系ではなく、服飾店(?)によるファッションアンケートでした。

街頭「あなたがデートする時には、どのような格好でしますか?」
HIDE「服装には興味がないから、ジーンズにデニムのシャツが多かったかな」(アンケート時もその格好をしていた)

街頭「ちなみにあなたは今、彼女はいらっしゃいますか?」
HIDE「そんなもんいませんよ」

街頭「じゃ、奥さんは?」
HIDE「いませんってば」

街頭「(さも驚いたように)えーっ! それであなたは今幸せですかっ?
(こらこら、服飾系のアンケートなのにこれじゃ宗教系だと疑われるぞと心の中でツッコミを入れつつ)
HIDE「もちろん!」

街頭「何で? ねぇ何で彼女(奥さん)がいなくて幸せなの?」(マジで不思議そうに聞いている)
HIDE「生活には困っていないし、趣味にも打ち込めるし、自分の幸せの満足度は誰にも負けない自信はあるよ」

街頭「えー、相手が居なくても幸せなんてわかんなーい」

そう言われてもね。
って言うか、恋愛や結婚をなぜ幸福とイコールに結びつけるの? そっちの方がわかんねーや。

結婚(恋人)相手や自分の子供に殺される人もいれば、素敵な扶養家族に恵まれる人もいるでしょう。
同様に、独りだから不幸な人もいれば、私のように独りだから幸福な人もいるのですよ、世の中には。

私にとって恋愛や結婚は、人生の数あるイベントの一つにしか過ぎないのです。
時間とお金が充分にあれば、またやってみてもいいかもしれませんけど。(あ、結婚の経験はありません。念のため)

このページのトップへ


街頭アンケート

普段なら無視するけれど、その日は何となく答えてみました。

質問前略

街頭「あなたは人目を気にすることがありますか?」
HIDE「あまり気にしない方です」

街頭「全く気にしませんか?」
HIDE「人として最低限のことは気にすることもあるでしょう」

街頭「なんだ、それだったら『ある』の方ですね」
質問後略

それだったら全員が「ある」になってしまうじゃないかと、思わずツッコミを入れたくなりませんか?
(おそらくアルバイトの)質問者が、設問の意図を理解していないのか、それともわざと恣意的な質問をしているのか・・・

このページのトップへ


信じがたいことだけど

今日(1月22日)で38歳になりました。
あの・・・精神的にはまだ二十歳のつもりなんですけど(笑)

精神年齢と実年齢との差がどんどん広がっていきます。
その差、実に18歳(^^;

18禁が解禁(?)になってから20年。酒が合法的に飲めるようになって18年。
うわ、18禁人生(何だ、その言い方は?)の方が長いなんて・・・

小さい子供の頃には「将来マッドサイエンティストになる!」のが夢だった私。
だって、怪しげな研究室で予算使いまくって研究(=自分のやりたいこと)に没頭できるなんて、素敵じゃないですか!
その夢は一部叶いましたが、やはり総合的に言えば叶わなかったけどね・・・。

そしてまさかこの歳になっても独身でいようとは。
さらにそれがこの上なく幸福だということを実感しようとは。

この先どうなるかは予測もつきませんが、物心ついた頃から現在の30代後半に至るまでずっと幸福を実感できる人生ってのはなかなかいいもんです(^^)
ところで、幸福に慣れると打たれ弱い(=不幸に弱い)って聞くけど、本当かな?

このページのトップへ


先生の名は?

携帯電話が鳴った。
知人T氏からだ。

番号通知機能のおかげで、電話に出る前から発信者が判るのは便利だ。
だからと言って、名乗らずにいきなり本題を話し始めるのはやめて欲しいぞ、T氏。

しかもその内容が・・・

HIDE「もしもし」
T氏「けいこせんせいだっけ?」

HIDE「は?」
T氏「けいこせんせいだっけ?」

HIDE「何のこと?」
T氏「先生の名前」

HIDE「先生?」
T氏「そう。小学生が飛び級で編入してくる漫画」

HIDE「あずまんが大王」
T氏「そーそー、それ。その先生の名前は?」

HIDE「谷崎ゆかり先生。もう一人は黒沢みなも先生」
T氏「ん、わかった。そんだけ。じゃな」

なんか、ますます頭が悪くなりそうです。

このページのトップへ


PC−9800シリーズ新品導入

はい、導入しました。
新品未開封品のPC−9821Ap2を。

マジっすか?
ええ、マジっす。

あ、わかった! 昔のエロゲーやろうっていうんでしょ?

 

 

 

 

 

 

 

 

違います(笑)
エロゲー用(いや、それだけが用途じゃありませんけど)のPC−9800シリーズは既に7台!持っていますので(爆)

用途は単なるコレクションです(^^;
ええ、自分でもアホちゃうかと思います。

でもいいんです。
X−Mateは3台持っていますが、やはりA−Mateも手元に残しておきたかったので。
(っていうか、今時XとAの違いについて覚えている人、いるのかな?)

これで、現在、私の所有するPC−9800シリーズは・・・

PC−9801UV11(V30−10MHz)
PC−9801US(CPUをサイリックスの486に換装済)(オリジナルは386SX−16MHz)
PC−9821Ne(486SX−33MHz)
PC−9821Ls150(MMX−Pentium150MHz)
PC−9821Xt16/R(Pentium166MHz)
PC−9821Xa13/K12(K6III−466MHzに換装済)(オリジナルはPentium133MHz)
PC−9821Xv13/W16(K6III+−600MHzに換装済)(オリジナルはPentium133MHz)

に、新たにPC−9821Ap2/C9T(486DX2−66MHz)が加わりました。

我が家のAT互換機は、PC98−NXを含めて8台。
現在でもPC−9800シリーズのシェアは実に50%なのです。(というか、シェア増えているし・・・)

あっ、そうそう。
私は基本的にエロゲーはやりません。

嘘だ!そんなはずはないって?
う〜ん、どう説明したらいいのかな。

私の場合、どちらかってえとギャルゲー(18禁含む)がメインですかね。
背筋がむずがゆくなって床をゴロゴロ転げ回りたくなるような、そんな恋愛シミュレーション系が好きなんですよ(笑)
具体的に言えば、ときメモとか、下級生とか、Piaキャロとか・・・

全くの余談ですが、PC−9821Ap2/C9Tの1993年12月発売当時の標準価格は何と80万円でした。
うひょーっ!!

このページのトップへ


ゲームのやりすぎ?

元旦早々・・・でも書きましたが、正月休みはほとんど家にこもりっぱなしにならざるを得ませんでした。
家にいる時は氷枕を換えたり薬をのませたりしますが、基本的には時間に余裕があります。

そこで、ネットワーク対応のファイナルファンタジーをやりまくっていたのですが・・・
あ、サイトの更新が滞っていた理由もバレちゃったよ(笑)

ま、それはそれとして。
やりまくった甲斐あってか、インターネット上で「リンク」という単語を見かける度に「ゴブリン」とか「亀」とかが頭の中をよぎるようになって。。。

ただでさえボケ頭のHIDEが、ますますボケボケに。
うわぁ、早く何とかしなければ・・・と思わないところが既にもうダメですね(笑)

このページのトップへ


馬車道

コミケ最終日の翌日(大晦日)、五反田のホテルを出発した我々はちょっとした用があって武蔵野市を経由した後、東名高速川崎インターへと向かった。
ちなみに私の車には、二葉氏(仮名)、村田氏(仮名)が同乗している。

私はその二人に、関東地方には「馬車道」というファミレスがあること、そしてその制服が明治風の着物であることを話した。
もちろん中部地方在住の二人にはなじみのない店で、初耳だった。
・・・というか、私も中部地方在住だし馬車道は未経験だったけど。

その馬車道に村田氏が激しく乗り気になって、ついでに私も乗り気になって、二葉氏を巻き込んで馬車道探しへGo!
概ね多摩川沿いを走っていて、すかいらーく系のガストはよく見かけるが馬車道は一向にみつからない。

だんだん焦ってくる村田氏。
HIDE「インターネットで検索しますから、村田さん、私のパソコンを取って下さい。そして二葉さん、運転代わって下さい」
多摩川駅前にある店舗を検索し、まっしぐら〜。

到着したのは良いけど、馬車道の話をする直前に食事をすませたばかりの我々。

一同「しまったー!!、さすがに満腹状態じゃどうしようもね〜」
HIDE「喫茶だけでもOKか聞いてみたらどうかな?」
村田氏「私がさらに何か食べますから大丈夫ですっ。さぁ、入りましょう!」

なんか、ものすごい気迫を感じるんですけど(笑)

テーブルを案内されて、真っ先に店内をよく見渡せる方向の席に座る村田氏。
やはり、ものすごい気迫を感じるんですけど(笑)

私と二葉氏は振り向かないと店内が見渡せない。
しょうがないので、お水のお代わりをウェイトレスさんに。

大晦日だからか、ウェイトレスさんは二人しかいないようで、とりあえず全員と会話成功。やったね(^^)
・・・と思っていたら、会計時に三人目のウェイトレスさんを発見。
くそ〜、全員制覇できなかった〜

大晦日に、単価の安いドリンク類が中心の注文(一部食品注文あり)で、しかもお水を3杯もお代わりしてしまいました(笑)
(うち、2杯は何も言わずとも自動的にお代わりでしたが)
ごめんなさい、でも、また行きます。(もちろん今度はちゃんとした食事を注文しますよ〜)

このページのトップへ