徒然なる雑記(02年01月〜02年03月)

徒然なる雑記(現行版)へ戻る

◆旧ネタのタイトル一覧 (タイトルをクリックすると、本文へページ内ジャンプします)

重ね着

最近では、重ね着の事をレイヤードと呼ぶ人がいるらしい。
元々日本語にない単語ならともかく、そして、あったとしてもあまり一般的でないものならともかく、一般的な日本語の単語まで何でわざわざカタカナ表記にするんだろう?

極端な例かもしれないけれど、十二単という重ね着の文化が日本には古来よりある事だし・・・って、それはあまり関係ないか(^^;
でも、日常会話でもレイヤードって言うよりは重ね着って言った方が自然だし、より広く通じるんだけどなぁ。

例えばパソコンの“マウス”を“鼠”と呼ぶべきだとか、“エンジン”を“発動機”と言うべきだなんて主張するつもりはないけどさ。
今まで定着している言い方をわざわざ変えるなら、その理由と変えるに足るメリットを説明して欲しいもんだね。

発案者の神経も相当にずれていると思うけど、簡単にそれに踊らされる人たちって一体何なのだろう?
そんなに自国の言葉(単語)が嫌(もしくは簡単に使うのをやめてしまえる)なら、いっそ母国語を気に入った言語にしてしまえば良いのに。

※レイヤードはあくまでも例に挙げたに過ぎず、特にこの単語にこだわっている訳ではありません。

このページのトップへ


幽霊その1

日曜夜に放送する某番組で、幽霊を科学的(?)に分析しようとしていた内容についての話を。
強い地磁気(の乱れ)が地殻などの状態によって発生し、その影響で幻覚を起こす可能性があるのは理解出来るとしても・・・

幽霊を見たという女性が、なぜ当時知り得なかった温度異常のある場所にその幻覚を見たのだろう?
現場は展望台みたいになっていて視界はかなり開けているのに、わざわざ広い視界のその一点?

その説明がないまま、次週は地磁気の乱れのない場所についての検証とか言ってるし(笑)
この疑問を感じたのは私だけでしょうか?

このページのトップへ


幽霊その2

ある場所で「幽霊が出る」という事前情報があって、たまたま強い地磁気の乱れがきっかけで、事前情報に影響された幻覚を起こす可能性があるとして・・・
「この場所でセーラームーンのコスプレをしたまま自殺した女性の幽霊が出る」という偽情報を信じ込ませる事に成功したなら、果たしてその人はせらむんの幽霊を見ることが出来るのでしょうか?

一度試してみたいなぁ。
というより、誰か私に試してくれないかなぁ(笑)

このページのトップへ


幽霊その3

(旧)伊勢神トンネルという、愛知県内では有名な「出る」という噂のある場所に行ったことがあります。
もう20年近く前に、友人と二人でオートバイで出かけた時の話です。

たまたまテレビで霊能者が、「ここでトンネルの幅が狭く(逆方向からは広く)なっていますが、ちょうどここに男性が座っています」とか言っているのを見て、実際に行ってみたんです。
地磁気の乱れがあるかどうかは知りませんが、少なくとも事前情報はバッチリですね(笑)

友人に霊感があるのかどうかは知りませんが、現場で彼は「嫌な感じがする」と言って、トンネルには入りませんでした。
しょうがないので、私が単独でオートバイに乗って往復してみました。

特に変わった感じはしなかったので、今度は歩いて往復してみました。
霊能者の言う、男性が座っているあたりを念入りに見てみましたが、やはり変わった様子は感じません。

特に収穫(?)がないまま帰途に就くと、帰りはにわか雨に降られてしまいました。
雨の路面は滑りやすいと言いますし、当時の私はオートバイ初心者でした。

「祟られているなら、事故る可能性が大きいかな?」とも思いましたが、その友人と別れて別の友人の家までは無事に到着しました。
祟りはともかく現実問題として、雨具もない状態での雨天走行は嫌でしたので、帰り道にある手近な友人宅に雨宿りついでに寄ったのです。

その友人宅には私と同じようにオートバイで来ていた友人が何人かいましたが、翌日、その中の一人が交通事故に遭って何ヶ月も入院する事態になってしまいました。
私自身祟りとは考えていませんし、事故に遭った友人もそう言ってくれましたが、何ともタイミングの悪い時に事故が起こったものです。

このページのトップへ


幽霊その4

これもやはり20年くらい前の、真夏のよく晴れたある日の話です。
MBX50という普通の舗装路を走る原付で、岐阜県境に近い愛知県内の“林道”に迷い込んでしまいました。

オフロード車ならともかく、オンロード(舗装路用)車では林道を走るのにも限界があります。
「行けるところまで行ってみよう」の限界まで来て、これ以上の走行を諦めざるを得なくなりましたが、道自体はまだ続いています。

好奇心旺盛な私は、道の端に原付を止めて、徒歩で先(山の頂上方向)へと歩いて行きました。
林道なので真夏の直射日光が遮られ、涼しさと共に少し薄暗さを感じます。

周囲の視界には民家もない、本当に木々だけが見える山中です。
私はかまわずどんどん登っていき、ふと林が開けた場所に出ました。

そこで不思議に思ったのは、林が開けて直射日光がギラギラと照りつけている筈なのに、なぜか奇妙な暗さを感じたのです。
それと同時に、何か嫌〜な感じがして来たのです。

旧伊勢神トンネルでは何も感じなかった私ですが、この時ばかりは「何かおかしい」と感じました。
ただ、具体的に何がおかしいのかは解りませんでしたし、幽霊やそれに類するものとは思いませんでしたけど。

後日その場所を友人に話したところ、そこは昔、鳥葬が行われていた場所だったそうです。
ということは、本当に死体が埋葬されていた場所だったのね(^^;

仮に霊的なものが存在したとして、実際に私の周りに「暇だからかまって〜」とか「成仏させて〜」とか言って、うようよ漂っていたとしても・・・
そんな事にまるで関係なくコミケに行ったり、バカな内容のサイト更新をしたりしているんじゃ、何の意味もありませんね(笑)

このページのトップへ


ちょっと遅れます

基本的にそんなに悪くはないのですが、ちょっと体調がデカルチャー(解ります?)な状態になっていまして・・・
具体的に更新のお約束をしているyashichiさんほか、カウンターの進み具合を見るとせっかくお越し下さっている方々に申し訳なく思います。

済みませんが、本格的な更新再開までもうちょっとだけお待ち下さい。m(_ _)m

このページのトップへ


風邪?

どうやら風邪をひいたみたいなのですが・・・
普通、風邪って言うと喉に来たり鼻風邪になったり、あるいは胃腸風邪ってのはよく聞くのですけど、今回の場合は少し変です。

ある一瞬を境に、脳内の血流が急に鈍く変化したような感じで、全然思考がまとまらないのです。
本当に、文字通り一瞬を境にして「あ、何か変化が!」って感じでした。

それまでは完全に正常な状態で、普通に生活していたのですけどね。
その後、発熱とそれに伴う発汗がある以外は、咳も鼻水もなく、食欲も全く正常で、風邪としては楽なほうなんです。

ま、単なる頭痛風邪が急に来ただけなんでしょうけど、私にとっては初めての経験です。
ただ、発熱のせいか頭がボーッとして、思考がまとまらないってのは結構気持ち悪かったりしますけど。

ところで、二日酔いとか風邪ひきとかで気持ち悪い時って、車の運転席に座るとその間だけは正常に戻る(気がする)から不思議なもんです。
もちろん単に座るだけで運転はしませんけど。一種のプラシーボ効果ってヤツですかね?

このページのトップへ


帯くるくる

時代劇にありがち(ホントカ?)な、悪代官が町娘の帯を引っ張って、「あ〜れ〜」と言いながらくるくる回るシーン。
版権フリーのgifアニメで探しているんですけど、なかなかありませんね(笑)

どっかに落ちていませんか? と、コソッと情報を求めたりして(^^;
って、今週はあまりサイトの更新もせずに何考えとんのじゃー!!って声が聞こえてきそうです。

すみません、次週よりまじめに更新します。
あと、こんなネタ、女性の方には申し訳ありませんでしたm(_ _)m

このページのトップへ


勝鬨橋

東京都にある勝鬨橋。
かつてコミケのたびに渡っていましたが・・・

そんな話とは関係なく、昭和45年までは開跳橋として機能していたそうです。
昭和40年生まれのしかも名古屋で育った私にとっては、開跳時の勇姿が脳裏に浮かぶわけではありませんが、一度橋が上がったところを見てみたいものです。

現在、仮に橋を上げると何億円か費用が掛かるそうですが、TV放映権の販売やイベント併設による収益などで、金銭的な負担(即ち税金?)はもしかしたら案外少なくて済むかもしれません。
それに加え、仮に10万人(それでもコミケの総動員人数よりはるかに少ない!)が見物に来るとして、交通費や飲食などに費やす金額が一人当たり2千円としても、それだけで2億円の経済効果があります。

そう考えると、1年に1回とは言わないまでも、10年に一回くらいは上げても良さそうな気がするのですが・・・
あるいは日本(の政治)は外国からの圧力に弱いので、どこかの国が内政干渉を承知で強硬に開跳を迫ってきたら、案外すんなりと開けるかも(笑)

その意味では、日本のお役所に要望書を出すより、どこかの国のロビーストでも雇った方が手っ取り早いかも?
(って、案外シャレになってない気がする・・・)

このページのトップへ


うわっ、だめっ

私は、幸いなことに蕁麻疹(じんましん)とかその他アレルギーを心配するような体質ではありません。
・・・が、やはりダメなものはあります。

それは、古くなった(あるいは酸化の進んだ)油物です。
先日買った揚げ物の油が古かったせいか、行動不能に近い状態になってしまいました。

私の場合なまじっか体に耐性があるらしく、吐けば楽になるのかもしれませんが、ギリギリのところで耐えることが出来て、吐けないのです。
吐くかどうかギリギリの状態が長時間続くってのは、はっきり言ってつらいですよぉ。

いっそギブアップ(?)して吐けたら、どれだけ楽な事か(^^;
う〜、気持ち悪いよう〜

その意味では、体の耐性って少し低めの方がいいのかもしれませんね。
体に良くない物をすぐさま体外に放出できるのですから。

医学的には、どうなんでしょうねぇ?
・・・ということで、夢物語で約束している「カーチェイス」の更新など、いろんなところで結構遅れが出そうです。m(_ _)m

このページのトップへ


ガソリンどろぼう?

私はいつも車のエンジンを掛ける時、ターボ車ということもあって長めの暖機運転をします。
ですから、普段は部屋からリモコンスターターでエンジンを掛け、身支度を整えてから駐車場に出発します。

ある日、いつも通りスターターのスイッチを押してから車までたどり着くと、掛かっているはずのエンジンが止まったままでした。
「あれ?」と思いながら、今度はキーを差し込んでエンジンスタート。

しかし、セルモータは回るものの一向にエンジンは掛かりません。
あちこち点検しましたが、異常はなく、ただFUELメーターがゼロを指していたのが唯一の変化です。

しかし、前日にガソリンタンクに燃料が半分残った状態で駐車し、一晩経っただけで空になるというのは常識では考えられません。
しかたがないので友人を呼び、近くのディーラーまで牽引してもらいました。

話がそれますが、最近の車は牽引には向いていないですね。
パワステ、ブレーキアシストが当たり前になっていますので、いざエンジンが回らなくなると、ステアリングも非常に重たいですし、ましてや、車重はおよそ1.5トンもあるのです。

ブレーキも力一杯踏んだってそれほど効いてはくれません。
とにかくゆっくり牽引して貰うよう友人に頼んで、ようやくディーラーへ持ち込み完了。

検査結果、やはりガソリンどろぼうだろうという事でした。
試しにガソリンを入れ、問題なく始動!

そこで私はガソリン泥棒に言いたい。

1.ガソリン持ってくのはまだ許せるとして、せめて1リッター位は残さんかいっ!
 近所のディーラーやガソリンスタンドまでさえ行けねーじゃねーか。

2.普段は金目の物は置いていないけど、冬コミ直後でたまたま置いてあった五万円近い残額のハイカにはなぜ手を着けなかったの?
 本当に純粋にガソリンだけが欲しかったのね。

3.悪事を働くなら、せめて整理整頓くらいしていけ!
 以前遭遇した車上狙いは、ちゃんと整理整頓をしてくれました。

このページのトップへ


偽り

食品流通会社で、牛肉を鶏肉だと偽って販売したり、魚肉を豚肉だと偽って販売していた事がこのほど判明した。
別の食品会社では牛肉の国内外の区別や産地を偽って販売していた事件が有名だが、それとは全く無関係の模様。
食品流通会社の従業員や消費者からは、「牛肉と鶏肉の区別が付かなかった」「魚肉は豚肉の一種だと思っていた」などの意見が数多く寄せられている。
この件について恒星省は、「例えば肉を野菜と偽って販売するのは問題だが、全ては肉という範囲内のものであり、全く問題はない」との見解を発表した。

また、大手外食チェーン店では、カレーライスをハヤシライスと偽って販売していたり、おにぎりをハンバーガーと偽って販売していた事も新たに発覚した。
被害に遭った消費者からは「カレーライスとハヤシライスは我々素人では判別が不可能だ」「おにぎりとハンバーガーの見分け方は学校では習わなかった」という意見が相次ぎ、指摘されるまで誰も気づかなかった事が被害を大きくさせた一因にもなっている。
この件について恒星省は、「カレーライスとハヤシライスの違いは微妙な問題であり、区別することに意味はない。また、おにぎりもハンバーガーも手のひらサイズの食事という点で一致しており、両者を混同することについても問題はない」としている。

なんちゃって。時期が時期だけに、シャレになってない・・・かな?
4月1日にやればよかったかも。

このページのトップへ


マスコミの報道内容に疑問を呈す

いくら真面目な内容で書いたところで、普段ふざけた内容ばかり書いている当サイトで何を主張してもダメかもしれません。
ですが、盗聴法反対と並んで真面目に訴えたいことがあります。

なぜ、マスコミ(一部除く)はH−IIAロケット打ち上げに関して失敗面ばかり強調するのでしょうか?
ロケットの役目は、確かに報道されているとおり衛星を軌道に正確に運び上げてナンボのものです。

今回の打ち上げでは、失敗したのは衛星分離であって、打ち上げそのものは確実に成功しているのです。
ロケット打ち上げ(衛星分離含む)には、一体いくつものシーケンス(ここでは手順・作業・処理内容という意味で用います)があると思っているのでしょうか?

細かいシーケンスまで含めれば、万の単位になることは確実です。(具体的な根拠となる数値は調査中&情報求む)
マスコミは、重要ではあるけれど主要因以外のDASH衛星分離のみがうまくいかなかったからと言って、なぜ失敗ばかり強調するのでしょうか?

そのマスコミの報道内容に踊らされ、「宇宙開発は無駄な浪費」という機運が高まってしまった場合、彼等は一体どう責任をとるつもりなのでしょうか?
責任とは、その気運が高まってしまった後の、日本に於いてロケット技術開発(=宇宙開発)が遅れてしまった未来に対してです。

宇宙開発分野に於いて欧米やロシア・中国に後れをとることは、未来に向けて考えた場合、国家百年の大計を誤ると言っても過言ではありません。(根拠は後述)
また、戦後に敗戦国となった日本は、先人の血のにじむような労苦の末にロケット技術を確立してきました。(ロケット技術は軍事技術と密接に関連している為、一時期厳しい統制下にあり、その間、技術開発も出来なかったのです)

遅れを取り戻すため、一時期米国の技術の導入に踏み切った事もありましたが、立ちはだかる特許や国家機密等の壁に阻まれ、ついには独自開発の道を選ばざるを得なくなったのです。
そのような過去と、前述のように(と言いつつ詳細は後述)未来とに少しでも思いを巡らせば、我が国のロケット技術を基にした宇宙開発技術の流れを絶やすわけにはいきません。

ちなみにDASH衛星の再突入実験費用は約6億円だそうで、確かに巨額の損失ではありますが、国民一人当たり一通話分の電話料金にも満たないものです。
6億円もの損失を計上したことは確かに残念な事ですが、それ以上に国家百年の計を過つことが、将来的にどれほどの損失だとマスコミは考えているのでしょうか?

私は何も宇宙開発関連に関してのみ甘い報道体制であれと言っているのではありません。
ただ、誤った認識を国民や全世界に向けて発信しないように願っているに過ぎないのです。

当サイト読者の、賢明なるご判断をお願い申し上げます。

※後述としての国家百年の大計
20世紀後半から21初頭にかけて、ロケット技術(=宇宙開発技術)を有しているのは限られた国に過ぎません。
日本は、衛星を自力で打ち上げた4番目の国であり世界で3番目の静止衛星打ち上げ国でもあります。
また、先行している国や地域よりも、一部性能の良いロケット技術を持つに至っております。
性能の良さは、コストの面や環境の面に対して有利になることはあってもマイナス面とはなりません。
この「性能の良さ」で、日本は宇宙開発分野で優位に立ち、貢献も出来るでしょう。(但し、将来のことは予測に過ぎませんが)

明治維新の際、日本は国家百年の大計として当時の先進諸国たる欧米列強に並ぼうとしました。
その結果、一部に於いて軍事国家として近隣諸国に迷惑を掛けてしまったのは誤りであったと言わざるを得ませんが、それ以外はほぼ成功であったと言っても良いでしょう。
また、敗戦後、日本は高度経済成長の路線をひたすら邁進してきました。
その結果、公害や都市と農村の格差(場合によっては貧富の格差)を産んでしまった事は否定できませんが、それよりも尚プラスの面が大きかったと思います。
同様に、今、宇宙開発を推し進める事は極めて重要であると私は信じます。
(※書いていて気が付きましたけど、これは「根拠」じゃありませんねm(_ _)m)

このページのトップへ


字音

英語版ガンダムの台詞を聴いていると、「ジオン」がPentiumII以降にあるサーバ向けプロセッサの「Xeon」に聞こえます。
敢えてカタカナで書けば「ズィーオン」といったところでしょうか。
だから何だと言った話ではないのですが・・・(^^;

このページのトップへ


ちよロケット

H−IIロケットの夢を見た翌朝思ったことが、「ちよバス(参考写真1参考写真2)があるんだからちよロケットだってあっても良いよなー」でした。
そこでこんんなネタ考えてみたんですけど。

「ちよちゃんはなんでとぶのんー?」
「H−IIAですけど−」

「HIDEさんもとびますか?」
「え?とべるん?」

「かしてあげます タダで」
「わぁーこれがあったら タダでとべるんかー」

・・・軌道修正出来へんけどな・・・

「さあペイロードに乗るといいですよ」
「え・・・あの・・・」

「えー 乗らないんですか? はやってるのにー」

・・・なんやっちゅうねん・・・

『そうや ちよちゃんは固体燃料ロケットにあやつられてるんや』

「ちよちゃん(H−IIA)助けたる!」
ガキンガキン(補助ブースターを取り外す音)

とす・・・(ちよちゃん(H−IIA)が倒れた音)
「ああ!? ごめんよちよちゃん 外し方が間違ってた・・・ 私なんかどっか飛んでいってまえ!」
『どこいくのー?』

※あずまんが大王の内容と、H−IIA本体が液体燃料ロケットでありブースターは固体燃料であること、そして固体燃料ロケットは基本的にエンジン点火後は軌道修正出来ない事を知っていないと何が何だかさっぱり解らない内容です。
この全部を知っている人って・・・案外結構いるかも(^^;

このページのトップへ


メーカー意識2

メーカー意識で父のことを書いた私ですが、ハム太郎とピカチューが別のものであることをつい先日初めて知りました。
っていうか、正確には「どっちも名前を聞いたことがある」程度の知識しかなかったんですけど。(今でもそうですが)

興味がない物には徹底的に無関心ってのは、もしかして親譲りかも(笑)
ちなみに、私の他にも区別が付かない人っていませんか?

このページのトップへ


メーカー意識

父はM下製のシェーバーを使っていますが、つい最近専用充電器をなくしてしまいました。
そこで、メーカー直営のショールームにシェーバーを持って行って、「この専用充電器を下さい」と言ったそうです。

まぁそれはそれで不思議なことではありませんが、そのショールームはH立の直営ショールームだったのです。
よくある近所の電器屋さんとかなら看板メーカー以外にも取り扱いをしている事もありますが、100%混じりっけ無しの直営ショールームだったのです。

何でわざわざ他社のショールームに持っていったのかを訊くと、父は「どこのメーカーも一緒だろ?」と。
さすがにこの意識には私も驚きましたが、H立ショールームの受付嬢の対応もなかなかに驚くべきものでした。

わざわざM下の問い合わせ窓口を探して電話してくれて、既に流通在庫も無いってところまで調べてくれたそうです。
おおっ、さすが!

そして帰り際にM下とH立とは別の会社であることを一言説明したそうですが・・・
何で自社製のシェーバーを勧めるなり、カタログを渡すなりしなかったのだろう?

親切な対応を誉めるべきか、画竜点睛を欠いたと見るべきか・・・(^^;

このページのトップへ


お好み焼き

最近、お好み焼きがちょっとしたマイ・ブームになっています。
店の中で焼くんじゃなくって、持ち帰り専用の店頭売りの方です。

多くの店では一つ200円で売っていますので、一食当たり200円で済むのが良いですね。
よっぽどお腹が空いてて2つも食べたところで400円だし、カップラーメンよりは栄養ありそうだし。

このページのトップへ


四駆

私は競馬に全く興味を持っていませんが、友人の中には競馬のシミュレーションゲームを楽しむ人もいます。
そのゲームに、馬の走りの特徴として「ダート」と書いてあるのを見て、つい・・・

「ふーん、ダート向きって事は四本足で走るんだな」と(笑)
ダート→四駆という発想から、つい勘違いしておかしな事を口走ってしまったのですが、こういう事って時々ありませんか?

このページのトップへ


背景画像

このサイト作ってからあと4ヶ月少々で4年になりますが、背景画像を昨日初めて変えてみました。
「見てくれよりも内容が肝心」と思って背景とかには無関心でいたのですが、あまりにも変化がないのもつまんないと思って。
・・・って、あまりにも変化が無さ過ぎ?

このページのトップへ


オーバークオリティ?

コミケでは、友人と待ち合わせるのに東地区2階の某店をよく利用します。
その店では、盆の上に欲しい商品を載せ、レジで会計を済ませてから店内のテーブルに着くようになっています。
私の場合は生ビールですから、店員さんが紙製のジョッキ(というか、大きめのコップ)にサーバーから注いでくれたのを盆に載せてレジに向かう事になる訳です。

前回のコミケでも一通り廻り終え、その店で友人を待つことになったのですが・・・
いつものように生ビールを受け取り、レジに向かいました。
するとレジの人がふと紙製のジョッキを持ち上げ、「泡が多すぎる」と言ってサーバーの係の人にリテイクを出したのです。
そして再びビールを注いでくれたのですが、それもダメと言って再度リテイクとなりました。

レジの人は40代後半くらいの年齢で、おそらく店長か何かの立場なのでしょう。
でも、サーバーの係の人も年齢的にはレジの人とさほど変わりはなかったのです。
再度のリテイクに、さすがにムッとした表情で、レジの人を一睨みして3度目の挑戦です。
・・・その3度目の注ぎ方にもOKが出ず、とうとうレジの人自身がサーバーから注いで商品として渡してくれました。

ちなみに私の所感の変遷は・・・

リテイク1回目:「うーん、そこまでこだわってくれるとは、さすがだな。泡は少ない方が嬉しいし」
リテイク2回目:「なかなか厳しいな。私としてはありがたいけど、そこまでこだわる必要もないんじゃないかな」
リテイク3回目:「コミケに来るような客層で、誰もそんなところまで品質を求めてないってば(^^;」
4回目(合格品):「うおー、早くビールが飲みてー!!」

やっとビールが飲めたのは、最初にレジに並んでから3分も経ってからの事でした。
もちろんその間レジ業務がストップした訳ですから、私の他にも多くの客がずっと待たされていた訳で・・・

基本的には商品の管理を徹底することは客側にとっても有り難い事です。
普通の企業で言うことろの「顧客満足度」の向上になる訳ですからね。
でも、この店の場合、何かちょっと違うような・・・(^^;

このページのトップへ


猫に小判

テフロン加工してある、ちょっと高めだけど造りのしっかしりた良いフライパンを買いました。
・・・およそ一ヶ月後、テフロンはきれいに剥がれ落ちてしまいました。

なぜか。それは私の親が金属たわしで磨き上げてしまったからです。
テフロン加工の意味を説明し、実演し、洗うときの注意もしておいたんですけどね。

そもそも、うちの親って洗剤を使わないんですよ。
「金属たわしでないと、汚れは落ちないから」と言って「物理的に」汚れを落とすことしか頭にないみたいで・・・(笑)

だから、フライパンに限らず茶碗もプラスチック容器も表面は傷だらけ。
その傷に汚れが入り込んで、ますます落ちにくくなるといいう悪循環の繰り返し。

うーむ、こいつは迂闊だったな。
今度フライパンを買うときにはもっと安いやつにしよっと(^^;

このページのトップへ


運転免許更新

運転免許更新に行ってきました。
平日に行くってのは良いですねぇ。
30分前後で更新が完了しちゃいましたから。

以前にも無事故無違反で更新した時もありましたけど、当時はゴールドカードの制度が無かったので、今回初めてのゴールドカードです。
実はちょっと嬉しかったりして・・・

このページのトップへ


あはははは〜、ごめんね〜

1月7日から仕事始め!って事で、得意先への挨拶やサポート業務もほどほどにこのサイトへお越しの皆様、ここ数日まともな更新が無くってすみません。
実は、風邪ひいちゃいまして、ダウンです〜。

でも、絶対サポセン黙示録さんのように「しばらく更新をお休み」って程じゃありませんので、まだ助かっています。
FOX−兄貴さん、早くよくなって下さいね〜。

私の場合、交代制の範囲内とは言え母の介護を父に任せ、泊まりがけで友人宅で朝5時までバカ話に花を咲かせ、まともに布団もかぶらず寝てしまったのが原因です(笑)
完全に自業自得です〜。

しかも7日の月曜日の昼前(これ書いてる12時間後)には母を病院に連れて行かなくちゃならないし・・・
って言うか、逆に私を病院に連れていってくれ〜!!

なんちゃってね。
こんなくだらんサイトの更新やってるぐらいだから、くたばってるとは言えまだまだ余裕はありますって。

でも、昨晩はお茶漬け1杯+みそ汁3杯、今朝チキンラーメン1つ+みそ汁2杯、昼もチキンラーメン1つのみ。
これが最近3食の内容です。

以前にも書きましたが、食べる物には全く興味がないので全然苦にならないんですが、かえって「苦にならない」ってのが悪因かも(笑)
さらに、晩ご飯は食べるのが面倒なので、風邪にも拘わらずビール飲みながら今、こうして更新してます。

少しは栄養や体調にに気を付けろよ〜>自分

ところで、仕事始めってあなたの勤める会社や部門ではどうやってお過ごしでしたか?
技術部門から営業部門へ移った初めての仕事始めの日、上司が部下を神社へ連れて行ってお参りし、昼時にもう解散!ってのがあった時には正直言って驚きましたけど。

だって、技術(サポート)部門は、初日からいきなり通常勤務の毎日が始まるんですよ!
それが当たり前ですよ!

でも、営業部門って残業付かない事が多いし、まぁいいかってな事で、妙に納得もしましたけど。
何はともあれ、お仕事の上でも皆様に於かれましては本年も良い年でありますように。

このページのトップへ