徒然なる雑記(01年10月〜01年12月)

徒然なる雑記(現行版)へ戻る

◆旧ネタのタイトル一覧 (タイトルをクリックすると、本文へページ内ジャンプします)

銘柄

アフターコミケの楽しみは、何と言っても“濃い仲間”との飲み会です。
これは、コミケ初日に友人と居酒屋へ行った時のエピソードです。

私はアサヒスーパードライ、友人はサッポロ黒ラベルを好んで飲みます。
そこで、どちらか一方のビールのある店だったらOK、そうでなければ他店を探そうという事になりました。

ある居酒屋に入って店員さんに確認したのですが・・・
「すみません、この店のビールは何ですか?」
「サッポロです」

「黒ラベルですか?」
違います、只のサッポロビールです

「??? じゃ結構です」(と言って他の店を当たりました)

友人と
「サッポロブランドのビールは黒ラベル以外にもあるけどさ、只の(無印の)サッポロビールってあったっけ?」
「ねーよ、そんなもん」

「そうだよなぁ。でもあの店員、『黒ラベルですか?』って訊いたら『違います』って断言したぜ」
「一体どんなビールを飲ませるんだ?」

ともかくその日は別の居酒屋に行きました。
翌日、念の為に別の店員さんに同じ質問をしたところ、はっきりと「黒ラベルです」と回答がありました。

ははははは、店員さんのとんちんかんな応対のせいでちょっと損したね、その居酒屋。

このページのトップへ


収支概算

<支出>

サークル申し込み費 ¥7,000
FD100枚 ¥3,500
ラベル100枚 ¥3,800
ガソリン代 ¥9,000
高速道路代 ¥15,800
駐車場代(サークル参加に関する日数分のみを計算) ¥1,500
宿泊費(サークル参加に関する前泊分のみを計算) ¥7,200
宿泊先←→会場までの交通費(易損品の荷物の為、タクシー利用) ¥6,000

合計¥53,800

<収入>
21世紀裏路地っく〜2001年冬モデル〜¥100×100枚 ¥10,000

合計¥10,000

ということで、約43,800円の赤字です。
やっぱりFDは500円で売らないとダメっすね。(それでも赤字)
でも、次回以降もFDで出すとして、やっぱり100円で売ります。

なぜならば、実際に生じた原価を積み上げて値段を決めている訳ではなく、情報を販売するという概念に基づいているからです。
読んで楽しんで頂く情報料としての価値を¥100と判断した訳です。
但し、判断根拠は勘ですが(笑)

※さらに今回は忘れ物の為に約2万円の損失がありましたので、約63,800円の赤字となりました。

このページのトップへ


完売御礼

コミックマーケット61ではおかげさまで順調な売れ行きを示し、完売する事ができました。
当サークルまでお越し下さった全ての方に、厚く御礼申し上げます。

ところが持ち込み数100部を完売したのは良いのですが、今回は12時27分という早すぎる時間に完売してしまいました。
100部というのは毎回私が持ち込んでいる量で、いつも少し売れ残るのですが、こんなにも早く完売するとは夢にも思っていなかったのです。

これは、隣の絶対サポセン黙示録さんの集客力の影響もありましたが、私の判断ミスもあったと思います。
せっかくお越し下さったのにお買い求めになれなかった方に対しましては、本当に申し訳ございませんでした。

次回以降は持ち込み部数を増やしますので、どうかよろしくお願い致します。
(サークル抽選に通ればの話ですが・・・)

ちなみに絶対サポセン黙示録さんも13時55分に完売となりました。おめでとうございます。
持ち込み数は私のところよりもはるかに多かったようですが、あれだけの数を全て捌いてしまうとは、さすがです。

それでは、次回作にご期待下さい。

このページのトップへ


大ミス

コミケに向かうときの話です。
名古屋からは今回友人と2人、私の車での移動となりました。

ところが、東名高速の名古屋→東京間の半分近く(掛川付近)で何と!コミケの売り物一式を袋ごと忘れた事に気づいたのです。
昨日まであれだけ苦労して作った作品(ミス参照ね)を、よりにもよって忘れるかぁ!?

サークル入場証なら再発行も可能かもしれませんが、作品はどうしようもありません。
最悪の忘れ物です。

しょうがない、親に電話して宅急便で宿泊先に送ってもらうか。
・・・あ、鍵のかかっている部屋に置いてあるんだっけ。って事は取りに帰るしかないじゃん!!

友人と相談の結果、私の車を友人が東京まで運転し、私は新幹線で取りに戻ることに。
我々は東名高速を静岡インターで降り、一路静岡駅へ向かいました。

静岡→名古屋間は運が悪いと“こだま”利用になってしまいますが、この時は運良く“ひかり”がちょうど来たのです。
そして名古屋に到着すると1時間後に出発する“のぞみ”の指定を取り、タクシーで名古屋駅←→自宅間を往復。

もしも1時間で往復できなかった場合は、後続の“ひかり”や“こだま”の自由席には乗車可能ですが、“のぞみ”の指定料金の差額分だけ損になります。
往復1時間を実現しようと思えば、タクシーしかありません。

通常は自宅と名古屋駅の間は公共交通機関を使っておよそ40分かかるからです。
しかし、タクシーでさえも“絶対間に合う”保証はありません。

が、ともかく間に合わせるしかありません。
裏道を使ったりして、何とかぎりぎり“のぞみ”に間に合いました。

この忘れ物のおかげで、交通費約2万円が全くの無駄になった計算です。
2万円あったら一体同人誌何冊買えるんだー!!ちくしょー!!

このページのトップへ


ミス

今日は冬コミ出発の前日です。
明日の朝には東京へ旅立つのです。

コミケへの出品内容の制作は、時間との勝負です。
そのせめぎ合いの中、ようやくコミケに出品するコンテンツも整いました!

あとはFDにコピーするだけです!
そりゃもう手間暇掛けてコピーしましたよ、およそ100枚ほど。

完成したFDを念のため確認。
何じゃこりゃー!!

あわててバッチファイル(バッチファイルを作ってHDからFDにコピーしていた)を確認すると、全然違うディレクトリ(フォルダ)からコピーしていた事が判明!
そのまま商品化しても、こんなもん売られたってどうしようもないよなぁ(^^;ってなもんです。もしかしたら詐欺罪で逮捕されるかもです(笑)

ライトプロテクトノッチをおよそ100枚ほど「書き込み禁止」から「書き込み可」に戻し、バッチファイルを修正して再度コピーのしなおしです。
うっひょー!!

もちろんやりましたとも。やらなきゃどうしようもないじゃないですか。
気が狂いそうになりながら再びコピーし終え、今、ようやく今、完成の祝い酒(と言ってもスーパードライ)をあおってます。

もちろんライトプロテクトノッチも全部書き込み禁止にしました。袋詰めもしました。
はっきり言って疲れました。

自分のせいとは言え、思いのほか苦労した作品です。
当日会場で見かけたら、どうか買ってやって下さい。

このページのトップへ


1日がかり

コミックマーケット61のご案内で書いた通り、怒りの暴露話というコンテンツを書き下ろしました。
内容的には本当に大したものではないのですが、怒りの背景や経緯をどう解ってもらうかということに苦労しました。

そんなに苦労して時間をかけても、出来映えはあまり芳しいものにはなりませんでした。(しかも推敲無しの状態!)
おそらく、読まれた方は「わかりにくい文章だなぁ。結局何が言いたいのだろう?」って思われるかもしれません。

元々文章構成能力が貧弱なものですから、いろいろと試行錯誤してまる1日かかってしまったのです。
ひー、コミケへの出発日まであと正味2日しかない!

すみません、時間的にも能力的にももう限界です。
これから発行部数ほどFDをコピーして、ポスター作ったり、いろいろと準備する事があるのです。

しかも、介護の為に親を病院に送り迎えしなくちゃならなくて、それでほぼ1日つぶれてしまいます。
あっ、そういや東京へは私が車を運転して行くんだった。前日の睡眠も必要だよね!

ってことは、実質あと1日! どっひゃー!!

このページのトップへ


シティハンター

「シティハンター」って聞くと、「7時半だ!」って気になりません?

このページのトップへ


CDトレー

音楽CDでもパソコンのCD−ROMでも、あるいはDVDでも何でも良いんです。
イジェクトした時に、ちょうど真正面を向いて出てくると何だか「当たり!」って気がしませんか?
はしゃぐほど嬉しいって訳ではありませんが、何となく・・・ね。
(逆に、こんな事ではしゃいでたらそっちの方が恐い!)

このページのトップへ


手に汗握る・・・

私は元来汗っかきなんですが、手のひらにも結構汗をかきます。
ですから、車を運転するときにはドライバーグローブをはめないとツルツル滑って危険この上ありません。
安物のグローブはすぐに色落ちしますし、色落ちしない高級品は5000円くらいしますし、ちょっとつらいところです。

まぁそれはいいとして・・・
女の子が手を握ってくれないんですよぉ(^^;
汗べたで気持ち悪いって・・・

だから、仲良く手を繋いで歩いているカップルを見ると、ちょっと羨ましかったり・・・

このページのトップへ


濃い!

今まで使っていた携帯電話(N208s)は古くて、着信音のダウンロードが出来ず、待ち受け画面さえ設定することが出来ませんでした。
新しい携帯電話に変えたら、アニソンの着信音だらけになるわ、待ち受け画面はセーラームーンになるわで、それはもうたちどころに人には見せられない代物になってしまいました(笑)

これだけの為にiモード使ってるって、もったいないねー。

このページのトップへ


レレレのレー

Badtrans.Bのウィルスが流行しているみたいで、私のところにもかなりの数のRe:(無題)メールが送られてきています。
Re:ばっかり並んでいるのを見ると、「あーもう、レレレのおじさんじゃないんだからさ、もちっと変化が欲しいな」なんて思ったりもしますが(^^;
尚、当然のことですがウィルス対策は充分にしてありますので、少なくとも私は感染することはありません。

このページのトップへ


クリスマスモード

友人「クリスマスモードになろう」
HIDE「な、何を突然?」

友人「どうやるか知ってる?」
HIDE「何かするの?」

友人「みんなで紅白になるんだ!」
HIDE「・・・・・」

相変わらず土日になると、こういう腐った会話が飛び交います。
・・・すみません、今回こんだけです。オチも何もありません。

このページのトップへ


天候

退職日、殆ど行ったことのない(笑)本社ビルに行きました。
行きは曇天で時折小雨のパラつく天気でしたが、昼前に帰る時にゃカラッと晴れて、それはもう良い天気になりました。(マジで)
偶然にしても、こりゃ出来過ぎ〜ってくらいに。

ま、不始末をしでかしてクビになった訳じゃないし、ケンカ別れした訳でもないし、仕事が嫌で辞めた訳でもないし、介護休職の完了に伴う退職なので、一応は円満退職と言えるでしょう。

これぞ、晴れて円満退職! ・・・あ、おやぢギャグ(^^;

このページのトップへ


16年半

1985年4月に入社した会社を、本日退職しました。
・・・って言っても、自社で働いた事なんて皆無だし(ずっと出向や派遣、客先常駐勤務ばっかりだった)、介護休職でもう半年も仕事してない訳だし、16年半という長さの割には感慨深げ〜なところが全然ないんだよねぇ(^^;
当面は介護に専念するとして、次の職に就くまではいろんな事を経験してみたいな。

ところで、一応このサイトはサポート系サイトを自称してるんだけど、実体はもう既に何でもアリな状態になってるし、今後の方向性をどうしましょうかねぇ。
少なくとも、サポートネタは当面、自分では拾えないしさぁ。
上司から「在職中には載せるなよ、退職したらいいけど」と言われてたネタもいくつかあったんだけど、間違ってHDから消しちゃったんで、もうないんだよなぁ。ちぇっ。

サポート系サイトを自称するのやめよっかな。
なんちゃってね、当分は今のままの方向性で行きます。(だったら最初からそう言えー!!>自分)
でも、ちょっとだけHなネタが増えるかも。(だからと言って、アダルトサイトにするつもりは全くありませんが)

あっそうそう、プロフィールも直しとかなくちゃ。

このページのトップへ


お前の秘密を知っている

20年位前、こう書かれた年賀状が行き交ったとか。
「うる星やつら」という漫画で出てきたネタなんですが、面白がって年賀状にこう書いた人が当時はいたらしいです。

ま、そんな事はおいといてぇ。
ロボット検索型のサーチエンジンで、「hide.internet.ne.jp」とここのURLで検索すると、結構出てきますね、このサイトへの無断リンクが。

例えばBIGLOBEサーチで探すと、今日現在204件ものリザルトが返ってきました。
そのうちのいくつかは、既に存在しないサイトではありましたが。

当サイトはリンクフリーを謳っていますから、無断リンクは一向に構わないのですが、その多さにビックリです。
こんなくだらんサイトでも、そこそこのアクセスがあるのはひとえに無断リンクのおかげかもしれません。

私はアクセス数至上主義者ではありませんが、一つの励みになる事も確かです。
でも、無断リンクを見つけた時って、「お前の秘密を知っている」とか言って、名乗り出たくなるんですけど(笑)

このページのトップへ


ラーメン屋さんにて

東京で働いていた頃、フラッと通り掛かりのラーメン屋さんに入った事があります。
もちろん初めての店だったのですが、そこのおばさん(女主人?)が私を見て

「あんた、コンピュータ関係の仕事してるでしょ?」
といきなり訊いてきたのです。
その当時はノートパソコンを持ち歩いてはいませんし、普通の背広姿に普通の書類鞄だったのですが・・・

「ええ、そうです。よく分かりましたね」
あんたの顔はいかにもコンピュータって顔してるからね、わははは

ま、まさか、ramen.gif (1577 バイト)こんな感じだったとか(笑)
それにしても、一目で私の正体を見破るとは、おそるべし、ラーメンおばさん(^^;

このページのトップへ


瞬間風速的マイ・ブーム

こいずみまりさんの漫画にはまってます。
思考回路というか、世界観というか、モロ、私と同じ・・・とは言わないけれど、何かこう作品と波長が合うんですよね。

女性漫画家さんで、私の好きな作品を発表してらっしゃる方は白泉社系で「橘裕」さん、「立花晶」さん、「桑田乃梨子」さん、小学館系で「赤石路代」さん・・・いや、この他にも数えたらきりがないんでやめますけど、結構多いんです。
もしかしたら、同性の男性漫画家よりも多いかも。(いや、さすがにそんな事はないと思うけど、案外そうだったりして・・・)

話がずれました! 私の好きな漫画を書く作家さんが男性だろうと女性だろうと、そんなことは一読者にとってはどうでも良いことなんです。
変な意味でストーカーやってるなら性別も関係するかもしれませんが、そんな寒い事ぁ私はしません(笑)

ともかく、日常的にはいくつか挙げた例の漫画家さんの作品を好んで読むのですが、ともかく今はこいずみまりさんの作品ばっかり!
もしかして熱があるからかなー(笑)

何はともあれ、ここいらでとりあえずの結論(オチ)を。
「健全恋愛ライフ」のマキさんは最高です! あの達観したようで、ある意味世間知らずな、結果として投げやりっぽく見えるところがね。
(読んでない人には解らないってば>自分)

このページのトップへ


ダメダメ日記

その1

先日から謎の熱が下がりません。(いっこ下の参照ね)
高熱という訳じゃないけど、37度ちょっとの微熱が続いているのです。(私の平熱は36.5〜36.6度)
朝起きた時は36.8度、昼前には37.0度で相変わらずボーッとしてて、でも外は天気良いから、家の中にじっとしてるのもつらくて・・・
自宅での安静か気晴らしの外出か、どっちか迷ってる間にもう昼過ぎちゃって、ついに外出を決意したのは15時過ぎ(笑)

その2

熱があるときに風呂やシャワーは禁物って言うけど、こんな汗くさい状態で外に出られますかっての!
シャワー浴びてすっきりして、いざ、出発!
おっと、その前に体温測っておこう。えっと、37.1度ね。
ま、これは湯上がりだから誤差のうちでしょう。

その3

車の運転席に座ると「頭ふらふら〜」って感覚が一気に吹っ飛んで、感覚的に平常時に戻るから不思議です。
そんなわけで大須へGo! 〜熱があっても運転は通常と変わりませんでした〜
大須・・・に限らず日本橋や秋葉原など、電気街をぶらつくには早足で歩くに限りますね!
頭フラフラでもとにかく高速歩行! 「とりゃーっ」て感じです。(ナンノコッチャ)

その4

大須で、Piaキャロ2の紙袋を手に提げて歩いてる人見かけちゃったよ!
うわー、マジ!マジ? 恥ずかしくないの?
背広を着てせらむんの映画見たり単行本買ったりする私でも、さすがにあれはちょっと引きました。
一般人から「あんたとどう違うの?同じじゃん」と言われればそうなんですが、本人の矜持は微妙に、だけど決定的に違うんです!(たぶん解ってくれないだろうけど)

その5

寿司喰いてー! 大須にも回転寿司屋さんあるんですけどね、ちょっと高いんですよ。
一般的なチェーン店の回転寿司に比べてね。
秋葉原で言えば、駅ビルの某寿司屋さん(回転寿司ではない)くらいに・・・いや、あそこよりは少し安いですが、それでも高いです。
でも、「病人は体力付けなきゃ!」ってのを理由(言い訳)に、喰いまくっちゃいました。(自宅に帰ったってカップ麺があるだけなので)

その6

大須からの帰り、20Km近く離れた友人宅に遊びに行こうと思ったけど、途中で断念しました。
遊びに行った友人宅で倒れたら、明日は月曜だし、シャレにならんくらいに迷惑を掛けまくるからね。
よし、ここはおとなしく帰って・・・ビールでも飲もう!
マジ? ホントにマジ!? はい、マジで帰宅後ビールを飲みました。

その7

頭ぐるぐるの時に中瓶1本飲んだら、平常時に中瓶3本飲んだくらいに酔っぱらいました。
中瓶1本でこんだけ酔えるなんて、安上がりで良いやー!
でも、安上がりに失敗。
昨日念のために休肝日にしたから、今日はアルコールがかえって進んじゃって、あーもう・・・

その8

そして現在4本目を終えて5本目に突入しようとしています。中瓶で。
つまみ? そんなもんねーよ。
頭ン中のオタッキーな想像力がつまみ代わりさ。
・・・こんな生活続けてるようじゃもしかして、生物学的に、医学的に、私の残りの人生短いかな?

このページのトップへ


「うえー、頭ぐるぐる〜」
二日酔いかと思ったけど実際はそうじゃなくって、発熱が原因でした。

風邪かな? でも発熱以外に風邪らしい症状は無いし、食欲は普段通りだし・・・ま、そんなに不自由はしていません。
でも、頭がぐるぐる回ってる状態で道歩くと面白いですね。

酔ってもいないのに酔っぱらってる感覚で、タダで酔えたようなもんだから何だか得したような気分♪
しかも本当に酔ってるわけじゃないから、ぐるぐる状態を冷静に分析出来るしね。

そして、そんなくだらん事を冷静に分析してる自分をどこか冷めた目で客観視しているもう一人の自分がいて、「変なヤツ〜」とか思っちゃうんですよ(笑)

ところで、発熱で頭ぐるぐる状態になってる時に外を歩くのって、結構好きなんです。
「今、ここで倒れたらどうしよう、クスクス・・・」なんて思いながらね。

反対に、発熱で気持ち悪い(嘔吐感のある)時は絶対に外を歩きたくないですね。
だって、道ばたでゲロ吐くのって、みっともないし・・・

あっ、そうそう。
過去にどっかで書いたかもしれないけど、熱が出てる相手とキスするってのは気持良いよん♪

このページのトップへ


飛び出し注意

近所の幼稚園で、「園児飛び出し注意」という看板が最近立てられました。
付近には路上駐車している車が結構多く、私も車やバイクで通行する時には必ず一旦停止をして、安全の確認をするようにしていた場所です。

・・・と、ここまで書けばその看板の主張に問題は無いのですが、幼稚園付近に駐車している車の多くは、園児を迎えに来た親の車なのです。
もちろんその付近一帯は駐車禁止の場所です。

当たり前のことですが、車がなければ見通しの利く場所であり、飛び出しの危険性はぐっと減ります。
園児の親、自らが違法駐車によって飛び出しの危険性を作っておきながら、通行車側にのみ危険回避の責任や行動を押しつけるのは納得がいきません。

看板の主張それ自体には誤りがある訳ではないので、それを撤去せよとは言いませんが、まずは自ら飛び出しの危険を減らす努力をしろよ!と言いたいです。

このページのトップへ


結果xp

順序として、予告xpからお読み下さい。でないと、話がつながりません。

さて、出かける準備が整ったのは22時少し前でした。
もっと早く出たかったのですが、いろいろとやることもありまして・・・
この時点で、行き先は東名阪の電気街の中で大須しか選択肢として無くなってしまいました。

大須でのイベントは23時からです。
22時少し前に出かけたら1時間近く持て余してしまいますので、途中夕飯がてら居酒屋に行くことにしました。
中ジョッキ3杯、ほろ酔い気分といったところでしょうか。

ともかく、大須に到着しました。

23時からイベントが開始され、特設ステージでは歌手かなんか(すみません、よくわかりませんでした)が歌ったりしゃべったりし、アメ横の前ではG店、T店、C店が販売予約を受け付け始めました。

私は誰かから声を掛けられるのを待っていましたが、結論から言えば2組みから声が掛かりました。

まず一組目。

「よお!」と声がかかり、振り向くと何回か異動前の職場での仲間でした。
「I氏かHIDEさんか、どっちかが来ると思っていたけど、やっぱりいたねー」
うーむ、先に発見されてしまったのは残念ですが、彼は旧来の職場仲間であり、ジュースをおごる対象ではありませんでした。

次、二組目。

「あの、ちょっとよろしいでしょうか?」
・・・ここで宗教の勧誘か?と思いましたが、続く言葉がそれを否定しました。
「私、○○新聞の取材の者です。よろしかったらお話を聞かせて頂けませんか?」

ををっ、取材を受けてしまったー。こいつは全くの予想外です。
でも、どうやら缶ジュースをおごってあげなくてもよさそうです。
「缶ジュースでもいかが?」って答えたら面白かったかもしれませんが(^^;

記者「今日はなぜここに来られたのですか?」
HIDE「自分のサイトで『来るぞ』と宣言したからです(キッパリ)」

まさかこういう答えが返ってくるとは夢にも思わなかったのでしょう。
彼の動きは一瞬止まってしまいました(^^;
でも、嘘じゃなくってちゃんと本当の事答えてあげてるんだけどなー。

記者「Windows98の時は来られましたか?」
HIDE「ええ、客としてではなく売り手やサポート側として駆り出されましたから」

またまた記者の予想しなかった答えだったのでしょう。
彼の動きが再び一瞬止まってしまいました。
でも、これだってちゃんと事実を答えてるんだからね。

記者「今日、深夜にも拘わらずここに来ている人たちは、どういう人たちだと思いますか?」
HIDE「Windows xpを買いに来ている人たちです」

当たり前じゃ、ボケ!と突っ込みたくなるような回答ですね(笑)
だって、質問の内容があまりにも型にはまりすぎてて、全然面白くなかったんだもん(^^;
まぁ私みたいに物見遊山で来た例外も中にはいますし、売り手側だって、取材陣だっているわけですから、この回答はある意味で誤りですけど。

ありきたりな質問内容の取材が済み、周囲を観察していたら、TVの取材を受け周囲からさらし者になっている人がいました。
「TV局も来てたのかー。新聞もそうだけど、わざわざTV局が来る程の事か?」
95や98の時と比べて、それほど人出も多くありませんでしたので、ついこう思ってしまったのですが、それでも何社か来ていました。
もしもさっき私が受けた取材がTVでしかも生中継だったら、おバカなやりとりが放映されてたって事にもなりません(笑)
私と取材側の双方にとって、こうならなかった事は幸いと言えるでしょう。

その意味では、私の取材内容はたぶん記事にもなりゃしない内容だから、たぶん編集時点で無視されるはずなので、とりあえずは安心ってところです。

さて、帰ろうと思ったのですが、ぎりぎり終電に間に合いませんでした。
歩いて帰ったって1時間前後ですからそれも悪くないのですが、面倒なのでタクシーで帰宅しました。

タクシーの運転手さん、いろいろ話していたら勤務20年以上のベテランで、会社からも新車を専用に(交代要員なしで)与えてもらったらしいのです。
まだ走行距離も千キロ前後で、新車のにおいも初々しい状況です。
・・・が、新車がよっぽど嬉しかったのか話に夢中になったのか、メーターを実車にするのをずっと忘れていて、全行程の3割くらい走ったところでようやく気づいて「すみません、メーター入れさせて頂きます」となりました。
ベテランでもミスする事もあるんですねー。
私にとっては安く帰れたから良かったけど(^^)

・・・あれ?オチがついていないぞ。話、これで終わり?
ま、今回は報告的な内容ですので、ここまでって事で。

このページのトップへ


予告xp

本日深夜から新しいOSの発売に関するイベントが電気街でありますが、ふらっと出かけてみようかと思います。
もしも見かけたら、声でも掛けて下さいね(笑)

って書いて、本当に声を掛けてくれる人がいたら驚きですけどね。
友人・知人ならともかく、私の写真は変な格好で写っているものしか公開していないので、そうなると声を掛ける時でも「あの、もしかしてHIDEさんですか?」って声掛けるしかないし、もし人違いだったらすっげー恥ずいし(^^;

ということで、本当に声を掛けて来てくれた勇気ある人には、缶ジュースをおごったげます(笑)
もちろん、友人・知人は除きますよ。

今がおよそ18時半少し前ですから、大須に出没する確率は85%、日本橋は10%、秋葉原は5%といったところでしょう。
さて、これ更新したら出かける準備しよっと。

このページのトップへ


肩こりバカ

肩から首、後頭部の下にかけて、慢性的なこりに悩まされています。
ひどいときは頭痛を併発し、会社を休んだこともあるくらいです。

それくらい強度の肩こりですから、上手な人に力一杯肩をもんでほぐしてもらった後ってのは、そりゃもう筆舌に尽くしがたいほどの爽快感があります。
血行が良くなり、脳に充分な血が行き渡るような感じで、その瞬間はいろんな事を考えるにも余裕がある気がします。

あっ、て事は、肩こりのない人って、普段から脳に充分な血流があるって事で、それだけ脳が活発に働けるって事だね。
本人は意識していないだろうけど、頭の冴えている状態でいられる訳だ。何かずるいぞ。

私がおバカなのは、肩こりのせいで脳の血流が不足してたからなんだー、納得ー(笑)

このページのトップへ


出前○丁

出前○丁

袋麺タイプの某即席ラーメンは、説明書きによると3分間麺を煮込み、火を止めてから後にスープの出汁を入れるようになっています。
ところが私や家族は、麺と同時に出汁を鍋に入れて煮込みます。

ある日、友人が某即席ラーメンを作るのを傍らで見ていましたが、彼は説明書き通りに出汁を後から入れようとしていました。
そこで私は「○○さんは、出汁って説明書き通りに後から入れるんだね?」って訊いたのです。

だって、それじゃ麺にスープの味が染み込んでしまうじゃないか」(友人の発言)
だって、それじゃ麺にスープの味が染み込まないじゃないか」(HIDEの発言)

帰って来た言葉と私の追加説明が、青字のところまではタイミングも内容もすっごく一致していたのですが、赤字部分は内容的に見事にかみ合いませんでした(笑)

いずれにしてもこれは本人の好みの問題なので、それ以上はどうこう言うことは無く、単なる笑い話で済んだのですが・・・

損得勘定

つまり私は、濃い味が好きなんです。
だって、仮に同じ値段だったとしたならば、濃い味の方がその分だけでも得しているような気がするんです(笑)

ここで、いきなり子供の頃の回想録に入ります。

子供の頃はもちろん潤沢に小遣いのあった訳でもなく、さらに登下校時の買い食いや寄り道も校則で禁止されていましたから、買い食いは年に数回あるかないかの頻度でした。
「回数が少ない分、味を濃くしたらええやん! 回数の少なさを質で補うんや!」
まるで物量の劣勢を精神論で補おうとした旧日本軍にも通じるような浅はかな考えでしたが、所詮は子供の考える事ですね。

でも、味に関しては戦争と違って勝ち負けじゃありません。本人が幸福ならそれで良いのです。
「濃い味のものを買えば、水で薄めて数回は楽しめる!」というのが基本にあり、そしてそれを何回か実行もしました。
こうして子供心に、「濃い味は得!、薄味は損!」という考えが植え付けられていったのです。

現在では

子供の頃の、いわば成長期の頃の味覚って成人になっても影響するんですね。本当に、私は濃い味でないと美味しいと感じません。
ここから先は成人後の話です。
友人達と焼き肉をする時でも私は胡椒を「これでもか!」ってくらいにかけますが、友人達は「それじゃ肉の味じゃなくて胡椒の味しかしないでしょーが!」と言って私の味付けを嫌います。

また、塩分に関しても私は通常の人の2〜3倍は摂取します。
「塩味の無い食べ物って、そんなん食べ物ちゃう!」とは少し大げさな表現ですが、完全なる誇張でもありません。

結論

「幼少期に貧乏な生活を送った人は、濃い味が好き!」

蛇足

「損得勘定に敏な大阪人は、濃い口指向が多いのか?」
そう疑問に思った私は、大阪出身の友人に訊いてみました。
答えは「ケチな大阪人が(店側として損する)濃い味なんて出しませんがな。出汁でも薄くすりゃその分儲かるんやから、関西は薄味ですわ」
なるほど。

このページのトップへ


まめちしきー

料理のさしすせそで、「さ」は砂糖、「し」は塩、「す」は酢、「せ」は醤油(せうゆ)、「そ」はソースだと思っていました(笑)
味噌って調味料やのうて具材ちゃうのん? っていうか、砂糖とか酢なんて、いつどんな時に使うん?

私の使う調味料は「塩」「胡椒」「さしみ溜まり(醤油じゃないよ)」「ソース」のみ!
これで不足を感じたことなど一度もありません、マジで。

もっとも、料理に関しては全く興味がないので、レパートリーはごくわずかなものに限定されているだけのコトなんですけどね。

このページのトップへ


ちょっと音を鳴らしてみたり・・・

トップページにBGMを付けてみました。
タグのリファレンスマニュアルが手許にないもんだから、IEとネスケの双方で同じ様に動くようにするのにまさに試行錯誤(笑)

ループさせるのでも、LOOP=TRUEとするのが正しいのかLOOP="-1"とするのが正しいのか、今でも判りません。
一応前者で設定しましたが、おかしな動きをするようだったら教えて下さいね。

それと、このサイトは勤務中にコソッとご覧頂いている方が結構多いのですが、BGM鳴るとまずいですかね(^^;
ちょっとその点が気になったんですが、どうなんでしょ?

あ、全くの余談ながら、ゲストブックのクッキーを復活させるようご要望がありましたが、今少しお待ち下さい。

このページのトップへ


クイズ番組

よくあるクイズ番組で、何人かのレギュラー回答者がいてそのうち正解が一つだけで、正解以外の回答者はもっともらしくウソを言うってやつね。
テレビや新聞などマスメディアの内容を何の疑いもなく盲目的に信じ込んでしまううちの親は、その誤った回答一つ一つも信じ込んでしまうから困ってしまいます。

うちの親は両方とも大正生まれなのですが、あの世代はどうしてそういう傾向が強いのでしょうか?
いちいち補足や訂正する私の身にもなってくれー!! > 放送局

このページのトップへ


DVD−R

私はLD・DVDコンパチプレーヤを使っていますが、DVDに慣れるとさすがにLDの扱いはおっくうになります。
そんなわけで、最近は手持ちのLDのうちよく観るものをDVD−Rに焼くようになりました。

せっかく苦労してDVDに焼いても、著作権の観点からオリジナルのLDを手放す際にはDVDを手許に残しておけないのが残念ではありますが、旅行先などへも持ち出せるってメリットは大きいですね。
もっとも、映画の2、3本ならMEPG2ファイルの状態でノートパソコンのHDに入っちゃいますので、DVDに焼く事すら不要って事もありますが。

MP3ファイルに圧縮して音楽CDを何枚も持ち歩かなくなったのと同様、LD(DVD)も全く同じ事が出来るのはある意味で当たり前なんですが、便利な世の中になったもんですねー。

このページのトップへ


大は小を兼ねる

眼鏡のフレームが壊れちゃいました。
車やバイクの運転中だったら、もうその場から運転を継続することは不可能ですから、駐車違反を覚悟でその場に置いて帰るしかありません。
また、それ以前に安全に停止できるか判ったもんじゃありませんから、その意味では普段の生活中に壊れたのは不幸中の幸いだとも言えるでしょう。

でも、親の介護や通院の為にはどうしても車の運転が必要で、従って眼鏡も同じく必要です。
何はともあれ、眼鏡屋さんに急ぎました。
予算の点からも、そして何より必要に迫られていますので納期の点からも、レンズは今までのものを流用し、フレームのみ買い換えという事になります。

同じフレームがあれば良かったのですが残念ながら在庫になかったので、なるべく近い形のものを選ばなくてはなりません。
しかもレンズの一カ所でも形状がフレームを下回ってはいけませんから、今よりも一回り小さめのフレームにするしかないのです。
※レンズは周囲部分を削って小さめのフレームに納めることはその場で可能ですが、レンズを新調するとなるとさすがにその場では不可能です。

幸い、今の流行とは正反対のレンズが大きい眼鏡でしたから、フレームもまだ選択肢が多くてよかったのですが、これが流行の細長い長方形型の眼鏡だったら、もうどうしようもありません。
いっそレンズを削りまくってコンタクトレンズにでもするしかなかったところです(笑)

もしかして流行の細長い眼鏡って、眼鏡屋さんの陰謀?

このページのトップへ


狂牛病

世間では一体何を大げさに騒いでいるのでしょうか?
食品衛生的な事に関しては大した知識もノウハウも持ち合わせてはいない私でも、仮に感染した牛肉を食べてもそれがかなりの確率で発病には至らないことくらいは知っています。

政府や業者が狂牛病に対する備えを怠らないのは当然の事ですし、消費者も発病や死へのリスクを少しでも減らすという事自体は納得も出来ます。
しかしながら、なぜあれほどまでに大騒ぎするのでしょうか? そんな些末なことよりもっと大きなリスクに取り組むべきではないのでしょうか?

私に言わせれば、例えば喫煙を習慣にしている人が狂牛病を恐れるというのは、滑稽を通り越して哀れでしかありません。
健康に関する優先順位というか重大さに対する認識力が、そんな程度のレベルでしかないなんて・・・
同様に、全く別の分野に関しては私自身も哀れな程度の認識力しか持ち合わせていない事もあるでしょうけどね。

そんな事を考えていたら、私とほぼ同じ考えのサイトを見つけましたので、ご参考までに。(下記参照)

参考サイトトップページ http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/Welcome.html
参考サイト該当URL http://square.umin.ac.jp/massie-tmd/bse.html#top

※ご紹介のページは無断リンク歓迎とありますが、訪問時には礼儀正しくトップページからお願いします。
※紹介先サイトの情報が全て正しいかどうかの判断は正直言って私には出来ません。この注釈は責任逃れではなく、責任の境界を明確にするものだとお考え下さい。

このページのトップへ


ンコ生ブチチ

こないだ久々に見ました、この文字を。
某(どこが「某」じゃ!(笑))生コン会社の車に書いてある文字ですが、車の右側とかタンクローリーの回転によっては、「ンコ生ブチチ」になってしまうんですよねぇ(笑)
なんかちょっと下品っていうか、あまり食事中には見たくないというか・・・(^^;

このページのトップへ


大爆笑な老夫婦喧嘩

父「ここにあった酒(日本酒)知らんか?」
母「ああ、断水用に取って置いた瓶でしょ? 減ってたからちゃんと水を継ぎ足しといたわよ」(と言って別の場所に置いてある瓶を指す)
※我が家では、空き瓶に断水用の水を入れる事はしていません

父「あれは新品の酒で2本買って置いてあったでしょーが!」
母「でも、開栓してあったから中身は水でしょ?」※どこからそういう発想が出てくるのだろう?

父「開栓してあったらそれは飲みかけに決まってるだろ!!」
母「だって、中身は空だったから」※記憶の混乱により、母の言うことは一貫していません

父「空じゃない、ほぼ新品だったじゃないか!」
母「水しか入ってなかったじゃないの」※記憶の混乱により、母の言うことは一貫していません

父「あれは酒だよ!もしかして水で薄めたのか?」
母「開栓してあったから、減っていれば水を入れるわよ」※どこからそういう発想が出てくるのだろう?

隣の部屋で聞いていた私は大爆笑。
開栓したばかりのほぼ新品のお酒は、料理酒に格下げと相成りました(笑)
ちなみに私はビール党なので、被害に遭わずに済みそうです。

このページのトップへ


回転寿司

回転寿司では、中にいる店員さんが流れている状況をみながら次に出す種類を決めている(と思う)。
同じ種類を数皿づつ流すのだけれど、いつまで経っても誰も取ってくれない場合もあれば、すぐさま売り切れてしまう場合もある。

「ちっ、外したか!?」「やっぱり俺の読みは正しかった!」ってその都度思うのかな?
バイトならともかく店の経営に関与している人だったら、売れ行き具合を常に気に掛けていて当然なんだけどね。

この観察が正しいかどうかはともかく、このような観点から観察するってこと、みなさんはやりませんか?
それとも無意識にやっているのかな?

このページのトップへ


AT車

私の車が車検となり、その間1日だけ代車を借りました。
AT車しかなかったのですが、普段MT車に乗っている自分にとって、不慣れってのは不便でしょうがないですね。

変速が自分の神経にダイレクトに反応しない。
微妙なさじ加減のエンジンブレーキが出来ない。
エンジンパワーをフルに活かせない。
交差点では勝手に出ていこうとする(ニュートラルに入れればいいけど、Lや2、又はDレンジに入れるときにショックが来るし・・・)

よく皆さんこんなのに乗ってるなって感心しますけど、普段AT車に乗っている人がMT車に乗ると、たぶん不満だらけになるのでしょうね。

このページのトップへ